« 韓国セウォル号の沈没事故、あまりにも痛ましい人災 | トップページ | 平然とウソをつく中国外交部(外務省)報道官 »

2014年5月 9日 (金)

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 (漱石in修善寺)

KaoHeya

====================

ゴールデンウイークも終わったネエ。

女房の休みに合わせて、伊豆修善寺に行ってきた。

夏目漱石が湯治で過ごした湯回廊菊屋に宿泊。

昼は修禅寺、独鈷の湯、竹林の小路など散歩した。

夜は温泉に浸かり、酒を楽しんだ。

虹の郷の『夏目漱石記念館』を訪ね、漱石が起居した『大患の間』(写真)に座した。

しばらく、漱石の境地を“鑑賞”する。

夏目漱石は、此処で俳句、漢詩を多く作っているが、特に、次の俳句が気に入った。

生きて仰ぐ 空の高さよ 赤蜻蛉

=====================

|

« 韓国セウォル号の沈没事故、あまりにも痛ましい人災 | トップページ | 平然とウソをつく中国外交部(外務省)報道官 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/59611245

この記事へのトラックバック一覧です: 生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 (漱石in修善寺):

« 韓国セウォル号の沈没事故、あまりにも痛ましい人災 | トップページ | 平然とウソをつく中国外交部(外務省)報道官 »