« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

拉致問題解決のための原則

0b0ad0d1s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆重大ニュース

今日、安倍総理が、日朝協議での「合意」について、次のように記者団に語った。

「北朝鮮側は、拉致被害者および拉致の疑いが排除されない行方不明の方々(特定失踪者)を含め、全ての日本人の包括的全面調査を行うことを日本側に約束した」

その後、菅官房長官から詳細の説明があった。

拉致被害者の帰国に向けた交渉結果として(今の段階では)“一歩”であり、まだまだ予断は許さないが、この“一歩”を歓迎したい。

重大なニュースであるが、報道各局の「評価」「懸念」はチグハグである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆再調査委員会に、日本側が入らないのは何故か?

あたかも北朝鮮の「再調査特別委員会」に日本人が入るべきではないか?という観点からの記者質問があった。

日本側が、入らないのは当然である。

もし日本人が「合同調査」に加われば、(どんな調査結果でも)認めなければならない。

(北朝鮮の)結果報告を、(日本側が)精査する仕組みを担保することが重要である。

調査が不十分であれば、何度でもやり直させれば良いのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆日本の「制裁解除」で、日米韓の「連携」に亀裂が生れないか?

「日本が、一部制裁解除を約束した」ことで、日米韓の「連携」に亀裂が生れないか?という指摘があった。

だが、これは当らない。

日本が主権国家として「制裁解除」をするのは、日本独自制裁の内、一部である。

それよりも、中国を頼りにした「六カ国協議」などの枠組みによる「話し合い」は、拉致問題にとって無意味だったし、米国は何度も北朝鮮に騙されてきた事実を見るべきだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆行動対行動の原則は?

今回の「合意」は、ギリギリ・・・行動対行動の原則を貫いている。

マスコミは、福田政権以降、北朝鮮が「再調査の約束を反故にした」事実を取り上げて、「行動対行動」の原則に懸念を示している。

確かに安心は出来ないが、現在の安倍政権は日本国民の支持を受けているので、北朝鮮と言えども容易に(約束を)反故にすることはできない。

もし、北朝鮮が(約束を)反故にすれば、二倍・三倍にして制裁を強化することである。

それが、行動対行動の裏返しの原則である。

兎も角、安倍内閣を信頼して、今後を注視したい。

==========================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

安倍総理の積極的平和主義を支持します

Scr14052600120001n1

================

◆国民栄誉賞

昨夜は、女子サッカーのアジアカップ決勝戦を観た。

なでしこ日本は、1-0でオーストラリアを破って、勝利した。

澤選手、宮間選手、川澄選手ら、ベテラン勢の踏ん張りに、感動した。

国民栄誉賞は、“飾り”ではなかった。

(気持ちのよい朝を迎えた)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆二者択一で天秤にかける「世論」調査

さて話は、変わるが、各局の世論調査の発表があった。

「安倍内閣の支持率が、内閣発足以来、最低だった」

「集団的自衛権の行使に、反対が賛成を上回った」との事。

二者択一で天秤にかける「やり方」で、中身の無い「世論」調査である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中国共産党政権の工作員

日本防衛とは、9割以上が、対中防衛である。(敵は中国である)

今時、「日本軍国主義の復活」を危惧するのは、共産・社民と、マスコミ(朝日・毎日・NHKなど)くらいである。

先日の『時事放談』で、野中広務氏が、終始安倍総理を批判して次のように暴言を吐いていた。

「中国様を刺激しないように」「安倍総理自身が、(頭を下げて)中国へ訪問すべきだ」

(彼は、100%中国共産党政権の工作員である)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安倍総理の積極的平和主義

安倍総理が、会見で「集団的自衛権行使」を表明したことは、日本の防衛・安保上当然のことだと思う。

中国共産党政権が、これに対して”反発”している。

だが、この自衛隊最高指揮官の表明は、抑止力となっている。

私は、安倍総理の一連の“積極的平和主義を支持する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆憲法と積極的平和主義

憲法前文には、次のようにある。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

さらに、憲法前文は続く。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

憲法前文の精神は、安倍総理の目指す『積極的平和主義』そのものだと、私は思う。

==================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

平然とウソをつく中国外交部(外務省)報道官

1 Thf0r49m7s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、中国が海で実力行使にでている。

一つは、韓国のEEZ内で中国漁船が我が者顔に操業をしている事。

韓国客船の転覆事故で海洋警察の「警備」が手薄になったことが原因。

謂わば「火事場泥棒」である。

もう一つは、南シナ海の西沙諸島の海域で、ベトナムの領有を排除するための実力行使である。

ベトナムに対して、故意に衝突させてきたのは中国の「公船」である。

数年前、尖閣諸島周辺で我が国の巡視船に対して衝突させた時の“ビデオ映像”とソックリだ。

ところが、中国外交部(外務省)の男女報道官は、「ベトナム船が中国船に衝突してきた」と言っている。

よくも平然とウソをつけるものだ。

======================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 (漱石in修善寺)

KaoHeya

====================

ゴールデンウイークも終わったネエ。

女房の休みに合わせて、伊豆修善寺に行ってきた。

夏目漱石が湯治で過ごした湯回廊菊屋に宿泊。

昼は修禅寺、独鈷の湯、竹林の小路など散歩した。

夜は温泉に浸かり、酒を楽しんだ。

虹の郷の『夏目漱石記念館』を訪ね、漱石が起居した『大患の間』(写真)に座した。

しばらく、漱石の境地を“鑑賞”する。

夏目漱石は、此処で俳句、漢詩を多く作っているが、特に、次の俳句が気に入った。

生きて仰ぐ 空の高さよ 赤蜻蛉

=====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

韓国セウォル号の沈没事故、あまりにも痛ましい人災

Tr2014041600720

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お父さん、お母さん、愛している」「助けて!助けて!助けて!」という高校生の最後の言葉だった。

(アナウンサーの指示に従い)「動かなかった・・・」子供たちが船内に閉じ込められ犠牲になってしまった。

あまりにも痛ましい。

心から冥福を祈りたい。

セウォル号の沈没事故は、100%人災だ。

日が経つにつれ無性に腹が立ってくる。

事故直後、韓国政府は、日本政府の支援の申し入れをどうして断ったのか?

この期に及んでも、「人命」よりも「反日」が優先なのか?

韓国のマスコミは、「(韓国は)三流国家」と政府批判をしている。

だが、一流だろうが三流だろうが、そんな事はどうでもよい。

韓国社会の病巣は重篤としかいいようがない。

==================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »