« 横田めぐみさんは生きている! | トップページ | 集団的自衛権の行使は、独立国として当然 »

2014年3月27日 (木)

『河野談話』の取扱い説明書

Kor14032708190001n1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「お会いできて嬉しい」(安倍総理)

日米韓の首脳会談が行われた。

安倍総理は、仲介役の米国・オバマ大統領に感謝した。

韓国・パク大統領には「お会いできて嬉しい」と韓国語で笑顔で呼びかけた。

パク大統領は、それを無視するように固い表情だった。

三首脳の絵図(写真上)は、面白いほど象徴的だ。

パク大統領の陰湿な「告げ口外交」は、太陽のような「安倍外交」の前に、“沈黙”してしまった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「河野談話を見直さない」(安倍総理)

パク大統領は、安倍総理の「国会答弁」(=河野談話を見直さない)によって渋々首脳会談を受け入れた。

勿論、『河野談話』はデタラメな内容である。

韓国人が世界中で流布している「日本政府は朝鮮人の若い女性を20万人も強制連行して日本軍兵士の性奴隷にした」というねつ造の根拠にしている。

私は、安倍総理を信頼していて、次のように考えている。

『河野談話』は、検証するが、見直しせず。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆『河野談話』の取扱い説明書

河野談話とは、当時の官房長官・河野洋平が、韓国政府の言うがまま裏付けを取らず「強制性」を認め謝罪したデタラメな内容である。

大切な事は、この『河野談話』をどのように取り扱うかである。

『河野談話』は、検証するが、見直しせず。

検証の上、新たな『官房長官談話』を発表すれば良い。

そう・・・。

『河野談話』は、過去に河野官房長官が発表した『(売国の)歴史史料』として後世に残せば良い。

それが、『河野談話』の取扱い説明書の要諦である。

====================

|

« 横田めぐみさんは生きている! | トップページ | 集団的自衛権の行使は、独立国として当然 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/59365932

この記事へのトラックバック一覧です: 『河野談話』の取扱い説明書:

« 横田めぐみさんは生きている! | トップページ | 集団的自衛権の行使は、独立国として当然 »