« 正論を以って「河野談話」を撤廃すべき! | トップページ | 中国人から見た日本とは? »

2014年2月 2日 (日)

『サンデーモーニング』(TBS)の度を越した偏向(=反国民性)について

Cdcf37b3aae5806efe9a672b4ccbb117_2 022

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆偏向とは?

今朝も、偏向番組『サンデーモーニング』(TBS)を観てしまった。(笑)

私は、この番組が「反自民・反安倍」だから、「偏向」と言っているのではない。

「偏向」とは何か?

「偏向」とは、「国民的コンセンサス」を逸脱している、という意味である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「押し付けてはいけない」(田中優子)

番組では、尖閣諸島と竹島を「わが国固有の領土」と学習指導要領の解説に明記することを、報道していた。

自国の領土について正しく教えるのは当然の事である。

だが、常連コメンテーターの田中優子氏が、次のように日本政府を批判した。

“わが国固有の領土”と上から押し付けてはダメ。中韓の主張を紹介しながら、”国家・領土とは何か?”を考えさせる『教材』にすべきだ・・・。

隣の西崎文子氏も、意味不明のことを言って“同調”していた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆我が国固有の領土

北方領土と竹島・尖閣諸島は、我が国固有の領土である。

これは、「近隣国と友好関係を保つこととは、別次元の問題」(下村博文文科大臣)である。

原発・安保問題と違って、国民的コンセンサスである筈だ。

田中氏・西崎氏が、それすら否定するのは、明らかに「偏向」である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆度を越した偏向(=反国民性)

自称ジャーナリストの岸井氏が、(「NHK会長発言」を批判して)ジャーナリズムについて語っていた。

権力者は国民にウソをつく。権力者と国民は常に対立する。(だから)徹底した≪反権力≫こそが、ジャーナリズムの役割である・・・。

反権力?・・・いいだろう。

だが、そうだとしても、国民的コンセンサスすら否定する度を越した偏向(=反国民性)が、決してジャーナリズムとは呼ばないのである。

====================

|

« 正論を以って「河野談話」を撤廃すべき! | トップページ | 中国人から見た日本とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/59055552

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンデーモーニング』(TBS)の度を越した偏向(=反国民性)について:

« 正論を以って「河野談話」を撤廃すべき! | トップページ | 中国人から見た日本とは? »