« 自虐老人(野中&古賀)の妄言、『時事放談』(TBS) | トップページ | 僭越過ぎるぞ!エド・ロイス米下院外交委員長 »

2014年2月17日 (月)

≪漢詩鑑賞≫雪梅(方岳)

_0333

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆二度の雪

今年は、千葉県でも二度の雪が降った。

雪を梅と見、梅を雪と見るという趣向は、昔からあった。

我が国の『万葉集』にも梅と雪は、よくうたわれている。

わが園に梅の花散るひさかたの 天より雪の流れくるかも(巻五)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆天地人三才

天にあっては雪、地にあっては梅、人においては詩。

三つのものがそろって初めて完全な春の趣を味わうことができる。

これを“天地人三才”という。

この『雪梅せつばい』は、「天地人三才」の作品と言える。

===================

Kanshi_a56_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅有りて雪無ければ精神ならず

雪有りて詩無ければ人を俗了す

薄暮詩成って天又雪ふる

梅と併せ作す十分の春

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※精神(せいしん) 生気あふれ、光彩があって美しいこと

※俗了(ぞくりょう) 凡俗にしてしまう。無学で無風流なものとしてしまう。

※十分の春   完全な春。

====================

|

« 自虐老人(野中&古賀)の妄言、『時事放談』(TBS) | トップページ | 僭越過ぎるぞ!エド・ロイス米下院外交委員長 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/59150924

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫雪梅(方岳):

« 自虐老人(野中&古賀)の妄言、『時事放談』(TBS) | トップページ | 僭越過ぎるぞ!エド・ロイス米下院外交委員長 »