« ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) | トップページ | 拉致被害者を救出するまで、私は諦めない »

2014年1月 4日 (土)

≪漢詩鑑賞≫江南の春(杜牧)

江南の春

千里鶯啼緑映紅  千里鶯啼いて緑紅に映ず

水村山郭酒旗風  水村山郭酒旗の風

南朝四百八十寺  南朝四百八十寺

多少楼台煙雨中  多少の楼台煙雨の中

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

見渡すかぎり広々とした平野の、あちらこちらから鶯の声が聞こえ、木々の緑が花の紅と映じ合っている。水辺の村や山ぞいの村の酒屋のめじるしの旗が、春風になびいている。

一方、古都金陵には南朝以来の寺院がたくさんたち並び、その楼台が春雨の中に煙っている。

=========================

|

« ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) | トップページ | 拉致被害者を救出するまで、私は諦めない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58880925

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫江南の春(杜牧):

« ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) | トップページ | 拉致被害者を救出するまで、私は諦めない »