« 頑張れ、田母神俊雄さん!=人生意気に感ず 功名誰か復た論ぜんや(『述懐』魏徴) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晃卿衡を哭す(李白) »

2014年1月24日 (金)

「全ては国家・国民のため」(1/24安倍総理施政方針演説)

Plc14012414000010p1

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日(1/24)、安倍総理は施政方針演説を行った。

(ここでは、項目だけを抜粋する)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆総理大臣施政方針演説 

1.はじめに・・・「何事も、達成するまでは、不可能に思えるものである」。ネルソン・マンデラ元大統領の偉大な足跡は私たちを勇気づけた。

2.創造と可能性の地・東北・・・福島の皆さん芋にも、一日も早く故郷に戻っていただきたい。

3.経済の好循環・・・日本経済も、三本の矢によって、長く続いたデフレで失われた「自信」を、取り戻しつつあります。経済再生に向けた「チーム・ジャパン」を!

4.社会保障の強化・・・(難病の)愛ちゃんが、病室を見舞った私に可愛らしい絵をくれました。

5.あらゆる人にチャンスをつくる・・・そうすれば、少子高齢化の下でも、日本は力強く成長できるはずです。

6.オープンな世界で日本の可能性を活かす・・・日本を売り込む!アジアの架け橋は、沖縄です!

7.イノベーションによって新たな可能性を創りだす

8.地方が持つ大いなる可能性を開花させる

9.安心を取り戻す・・・日本を「世界一安全な国」に!

10.積極的平和主義・・・“憲法改正”“集団的自衛権”に言及。

11.地球儀を俯瞰するトップ外交・・・1年間で、15回海外に出かけ、30ヶ国を訪問し、延べ150回以上の首脳会談を行いました。中国とは、残念ながらいまだに首脳会談が実現していません。しかし、私の対話のドアは常にオープンです。

12.おわりに・・・「志を得ざれば再び此地を踏まず」。アフリカの人々のため、87年前、アフリカに渡った一人の日本人がいました。野口英世博士(福島県出身)です。

==================

私は、全文を読んでみたが、格調高い内容だった。

一方、「(安倍政権との)全面対決」を叫ぶ民主党・海江田代表は、「(景気回復は)思い込みだけ」と辛口だった。

まあ・・・野党だから辛口批判は分かるが、不思議なほど(?)説得力がない。

何故なのか?

根本的に”国家観”が欠けている、政治家としての矜持が感じられない為であろう。

安倍総理には私利私欲がない。

党利党略もない。

安倍総理にあるのは、「この国を良くしたい」「国民のために力を尽くしたい」という思いだけである。

それが、安倍総理を信頼する(信頼できる)理由である。

今日(1/24)の施政方針演説で、安倍総理は次のように締め括った。

全ては国家・国民のため、互いに寛容の心を持って、建設的な議論を行い、結果を出していく。

此れが、海江田代表との決定的違いである。

=================

|

« 頑張れ、田母神俊雄さん!=人生意気に感ず 功名誰か復た論ぜんや(『述懐』魏徴) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晃卿衡を哭す(李白) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/59002253

この記事へのトラックバック一覧です: 「全ては国家・国民のため」(1/24安倍総理施政方針演説):

« 頑張れ、田母神俊雄さん!=人生意気に感ず 功名誰か復た論ぜんや(『述懐』魏徴) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晃卿衡を哭す(李白) »