« 山本太郎、アントニオ猪木は議員を辞職せよ! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫香炉峰下、新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶たま東壁に題す(白居易) »

2013年11月 9日 (土)

日本は、スパイ天国のままで良いのか?(今朝の『サタズバッ』を観て)

5870a79b

恣意的で、しゃべり過ぎな『サタズバッ』の司会者

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今朝の『サタズバッ』

今朝の『サタズバッ』(TBS)は、「特定秘密保護法」についての議論が中心だった。

与党からは自民党、公明党・・・。

野党からは、民主党、日本維新の会、みんなの党、共産党、生活の党、社民党の各党「代表選手」が出演していた。

番組では、各政党からの8人の他、TBS政治部長、コメンテーター2名(吉永みち子、田崎史郎)にも“発言時間”を「平等」に割り振っていた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆議論は深まらない

だが司会者を含めると、人数では「反対論」が圧倒している。

その上、「勝手にしゃべる」福島瑞穂、「シロウト感覚」を誇示する吉永みち子などのせいで、議論が深まらない。

議論が深まるどころか、“持ち時間”は「平等」なので、自民党の意見も、途中切られてしまう。

消化不良を起こす。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「反対」キャンペーンの場

NHKもそうだが、このような「内容」に関係なく、頭数で「平等」に“発言時間”を割り振るやり方に疑問を感じる。

悪しき「平等」主義と言える。

予想通り、番組は「反対」キャンペーンの場と化していた。

「特定秘密保護法」が成立したら、「国民の、目・耳・口は塞がれ」「知らぬ間に戦争になる」(?)という「左翼マスコミの論法=風評」でまとめている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「スパイ天国」のままで良い筈がない

「特定秘密保護法」は、国家として当然の法整備である。

その秘密を持たした場合の“罰則”は当然のことである。

「国民の知る権利」とは、“国家機密”にまで及ばない。

その点は政府自民党も丁寧に説明しなければならないが、左翼マスコミの「恣意的」報道は疑問だ。

日本は、「スパイ天国」のままで良い筈がない!

==================

|

« 山本太郎、アントニオ猪木は議員を辞職せよ! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫香炉峰下、新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶たま東壁に題す(白居易) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58541716

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は、スパイ天国のままで良いのか?(今朝の『サタズバッ』を観て):

« 山本太郎、アントニオ猪木は議員を辞職せよ! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫香炉峰下、新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶たま東壁に題す(白居易) »