« 孫の運動会《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫登高(杜甫) »

2013年10月14日 (月)

中国で「マルクス主義報道観」試験

M22365

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆全国統一試験

中国政府は、全国の新聞社やテレビなどで報道に携わる記者などに、記者証を交付する前に、試験を受けさせるというニュースがあった。

およそ25万人のマスコミ関係者を対象とする、全国統一試験である。

試験科目は、「中国の特色ある社会主義」「マルクス主義報道観」「誤報の防止」など6つあるという。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆言論統制

昔の“科挙”(官吏登用試験)では、「漢詩」が重要な試験科目であったが、ここでは除外されている。

習近平国家は、「イデオロギー工作は党の極めて重要な任務」だと述べている。

即ち、試験の目的は言論統制である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中国の特色ある社会主義(?)

マルクス主義とは、本来、インターナショナルな思想であった。

だが、スターリンによって民族主義に変質し、毛沢東によってさらに周辺への覇権主義へと変貌を遂げた。

「マルクス主義」より「孫子の兵法」を専ら教典としていた中国政府が、今さら「中国の特色ある社会主義」と言って「社会主義」を標榜する事は、奇異に感じる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆独裁政権は崩壊する

このようなイデオロギー工作は、再び「文化大革命」へと発展する可能性もある。

「マルクス主義」を持ち出さなければならない程、中国社会の“汚職・腐敗”が蔓延していることの証左であり、習近平の“危機感”の表れである。

だが、独裁政権は、いずれ崩壊する。

=それは歴史の必然である=

|

« 孫の運動会《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫登高(杜甫) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58384982

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で「マルクス主義報道観」試験:

« 孫の運動会《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫登高(杜甫) »