« 「特定秘密保護法」に対抗して、「報道の自由」「知る権利」を“的外れ”に振り翳すマスコミ | トップページ | 国会論戦(衆院予算委員会)始まる! »

2013年10月20日 (日)

「海が放射能で汚染」という悪質デマ

R

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「汚染水」国会?

臨時国会が始まった。

野党は、「汚染水国会」と命名している。

これには、「海が放射能で汚染」という悪質デマと、それに便乗して、安倍現政権を“追及”しようという政治的意図が見える。

「原発対策」が、「政治プロパガンダ」の様相を帯びている。

その契機となったのは、安倍総理のIOC総会での最終プレゼンだった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安倍総理の“国際公約”

安倍総理は、次のように述べた。

「私から保証します」「状況はコントロールされています」「東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく」「今後とも及ぼすことはありません」

これは、安倍総理の“国際公約”である。

記者団の詳細質問には、次のように答えた。

(更に・・・福島第一原発の港湾で)汚染水は完全にブロックされています」

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「海が放射能で汚染」という悪質デマ

“福島の海”には、影響はまったく無い。

韓国では、「福島水産物」を輸入禁止にしている。

悪質デマの被害者は、福島の漁民だ。

実際、福島近海での水質調査では平均0.1ベクレル/リットル以下という。

これは、飲用水の水質基準(10ベクレル/リットル)の1/100の数値である。

実際、基準値を上まわる“調査報告”は、ひとつもない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆母なる海

ネット上で、『海洋汚染シュミレーション図』という“シロモノ”を見た事がある。

「一滴の汚染水(?)」が、アメリカ西海岸にまで漂流し、やがて太平洋全体を汚染するという“想像上”の図面だった。

馬鹿バカしいほど「幼稚」だ。

だが、「台風の時に“基準値”以下のタンクの水を港内に放出した」ことで、大騒ぎするマスコミも同じようなレベルである。

海は「放射能」も「工場からの汚水」もすべてのものを呑みこんで、希釈する・・・生命の源(母なる海)である。

「海が放射能で汚染」というのは低レベルで悪質なデマと言うしかない。

それに便乗しようとしているのが、「汚染水国会」と言う命名なのである。

===================

|

« 「特定秘密保護法」に対抗して、「報道の自由」「知る権利」を“的外れ”に振り翳すマスコミ | トップページ | 国会論戦(衆院予算委員会)始まる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58420255

この記事へのトラックバック一覧です: 「海が放射能で汚染」という悪質デマ:

« 「特定秘密保護法」に対抗して、「報道の自由」「知る権利」を“的外れ”に振り翳すマスコミ | トップページ | 国会論戦(衆院予算委員会)始まる! »