« 馬渕議員の“幻の地下水遮蔽壁計画”(『報道特集』TBS) | トップページ | “汚染水漏洩”がもたらす風評被害 »

2013年9月 1日 (日)

消費税TVヒアリング(『新報道2001』フジテレビ)を観て

News090807hh

林文子横浜市長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆消費税ヒアリング

昨日(31日)で、6日間の「消費税ヒアリング」が終了した。

「消費税ヒアリング」とは、安倍政権が各界代表や経済専門家から消費税について意見を聴く会のことである。

「政治パフォーマンス」「茶番」と批判する人がいるが、当り前の政策決定プロセスである。

麻生財務相、甘利経産相らが報告書にまとめ、安倍総理に提出する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆TVヒアリング

今朝の『新報道2001』(フジテレビ)では、「消費税ヒアリング」の“論点整理”的な議論がなされていた。

「暮らしの負担増」一辺倒の議論が消え、消費税の議論が随分成熟してきたように感じる。

番組では、3%upを(条件付きで)主張する大和証券の熊谷氏、自民党の中谷元氏、横浜市長の林文子氏に対して、アベ・ブレーン本田悦朗氏は、毎年1%upを主張していた。

最終的には、安倍総理が今月中に決断する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆林文子氏の説得力

番組出演者の中では、横浜市長・林文子氏の主張が“光って”いた。

最も好感が持てたのは、林氏が「経済界出身者」であることを強調していることである。

(女性政治家にありがちな)“媚びる姿勢”が感じられない。

横浜市の待機児童をゼロにしたのは、「女性の視点」ではなく「経営者の視点」が反映された為である。

林文子氏の主張には、学者にはない“説得力”が感じられた。

=====================

|

« 馬渕議員の“幻の地下水遮蔽壁計画”(『報道特集』TBS) | トップページ | “汚染水漏洩”がもたらす風評被害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58105643

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税TVヒアリング(『新報道2001』フジテレビ)を観て:

« 馬渕議員の“幻の地下水遮蔽壁計画”(『報道特集』TBS) | トップページ | “汚染水漏洩”がもたらす風評被害 »