« 憲法で国を守れるのか?≪続≫ | トップページ | 自〈暴〉自〈棄〉になった民主党? »

2013年9月19日 (木)

中国人留学生・厳さんの勇気

Pn2013091801001118___ci0003

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆厳さん、ありがとう!

台風の日(17日)、小学生(9歳)が増水した淀川に転落した。

その時、たまたま中国人留学生・厳俊さん(26歳)が、通りかかった。

厳さんは、周囲の人と協力して腰にロープを巻き、小学生を救出してくれた。

ありがとう、厳さん!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“日中友好”は、飛躍しすぎ

大阪府警は、“人命救助”に『感謝状』を贈呈した。

(私も含めて)日本中が、厳さんの“勇気”に感謝している。

『朝ズバッ』(TBS)では、「(民間レベルから)日中友好のかけ橋へ!」とコメントしていた。

だが、それは飛躍しすぎだ。

中国共産党政権の「対日戦略」には、変化はない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「知日家」は「売国奴」の疑い?

過度に称賛したり、期待をかけ過ぎると、厳さんの「知日家」イメージが高まる。

逆にそうなれば、彼が帰国した時に、中国公安当局から“詮索”される事が心配だ。

朱建栄教授のように、日本人と交流が深まる程、「売国奴」の疑いをかけられるのが、中国の悲しい現実である。

(韓国にも似たような悲しい現実がある。)

厳俊さんの勇気ある行為は、称賛されるべきだし、「日中友好」も良いだろう。

だが、・・・(門戸は開いていても)あせり過ぎない事が肝要である。

====================

|

« 憲法で国を守れるのか?≪続≫ | トップページ | 自〈暴〉自〈棄〉になった民主党? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58223824

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人留学生・厳さんの勇気:

« 憲法で国を守れるのか?≪続≫ | トップページ | 自〈暴〉自〈棄〉になった民主党? »