« 麻生発言の真意 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晁卿衡を哭す(李白・七言絶句) »

2013年8月 2日 (金)

「麻生発言」はナチス政権を肯定していない!

Imga25ccc7czik8zj

【歴訓】 ヒットラーから何を学ぶか?)

ワイマール憲法下で、ナチス政権が誕生した。熱狂と偏見に充ちたドイツ国民は、ヒットラーを支持した。

この苦い事実を、「歴史の教訓」とすべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆『朝ズバッ』(TBS)

「あの手口、学んだらどうかね」(麻生発言)が、クローズアップされて、批判されている。

今朝の『朝ズバッ』(TBS)は、執拗で陰湿だったネエ。

“ナチス政権を肯定したとも取れる”として、わざわざ中国の論評を紹介し報道していた。

「とも取れる」とは、“偏向”報道番組が、「客観性」を装うための“手法”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆『報道ステーション』(テレビ朝日)

昨夜、『報道ステーション』(テレビ朝日)を観たが、“問題の発言”を、かなり詳細に再現していた。

だから、「ナチス政権を肯定していない」ことは、私にも理解できたし、この“報道姿勢“には、少し好感が持てた。

「判断」するのは、コメンテーターではなく、我々視聴者なのである。

報道の“客観性”とは、(編集せず、解説せず)そのまま「発言」を再現することである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆橋下徹氏

橋下徹氏は、次のようにコメントしている。

「ちょっと行き過ぎたブラック・ジョークだったのではないか」「ただ、ナチス・ドイツを正当化した発言でないのは、国語力があればすぐ分かる」

どうやら、私自身は、普通の「国語力」を持っているようで、安心した。(笑)

それでも“理解できない”のは、「(日本語の)国語力」のせいじゃだけでなく、「(日本語の)翻訳力」が原因ではないか?

「麻生発言」を、「意訳」していない!

=========================

|

« 麻生発言の真意 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晁卿衡を哭す(李白・七言絶句) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57911368

この記事へのトラックバック一覧です: 「麻生発言」はナチス政権を肯定していない!:

« 麻生発言の真意 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫晁卿衡を哭す(李白・七言絶句) »