« 韓国人・国連事務総長が、韓国を代弁し、日本を批判した | トップページ | ウルトラマン・フェステイバル »

2013年8月28日 (水)

戦争の「語り部」を疑え!

2066

此の写真は、“創作”ではない。米国人カメラマンが見た“真実”である。

『NAGASAKI』(焼き場に立つ少年)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆はだしのゲンは“創作”

『はだしのゲン』が、数日前から話題になっていた。

私は、この『作品』を読んだことはない。

また、読みたいとも思わない。

中沢啓治の「被爆」体験(小学1年生)をもとにした、私的な<創作>作品に過ぎないからである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆表現の自由

『作品』は、「戦争の悲惨さを伝えている」と言う人がいるが、それは違う。

「原爆」の悲惨さを、「戦争」の悲惨さに、すり替えているだけである。

その上、「残虐な日本軍」を捏造し、君が代否定、自衛隊否定、など・・・政治プロパガンダの色彩が濃い。

但し、『表現の自由』は、憲法で保障されているから、読みたい人は<創作>として読めば良いだけだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆戦争の「語り部」を疑え!

世間には、戦争の「語り部」と称する人がいる。

(例えば、野中広務氏のように)戦争体験者でなければ戦争の本質を「知らない」という人がいる。

その考えは間違いであるし、傲慢でさえある。

「語り部」として“自分の気持ち”を伝える事と、『歴史の検証』とは別次元の問題である。

もし若い人が、『歴史の検証』を志すならば、多くの伝聞や、戦争の「語り部」を疑うことから始めるべきである。

===================

|

« 韓国人・国連事務総長が、韓国を代弁し、日本を批判した | トップページ | ウルトラマン・フェステイバル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/58083620

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の「語り部」を疑え!:

« 韓国人・国連事務総長が、韓国を代弁し、日本を批判した | トップページ | ウルトラマン・フェステイバル »