« 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 | トップページ | 「麻生発言」はナチス政権を肯定していない! »

2013年8月 1日 (木)

麻生発言の真意

2811095595 T2009070901sakurai_b

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆麻生発言とは?

麻生太郎財務大臣の「発言」が取り沙汰されている。

「麻生発言」とは、国基研(櫻井よしこ理事長)主催による月例研究会での議論、麻生太郎財務大臣の「発言」である。

櫻井よしこ氏が司会者で、ゲストしては、麻生太郎氏の他に西村真悟議員、民主党の笠浩史議員であった。

「とても活発で面白い討論会」(櫻井よしこ)だったようだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆活発で面白い討論会

櫻井氏は、次のように言っている。

麻生蔵相は靖国神社参拝は静かに行うべし、祖国に殉じた人々に敬意と感謝の念を払わない方がおかしいと語りました。

憲法改正も熱狂の中で行うのではなく、静かに取り組みたいとのことでしたが、これには反論が出ました。

今こそ熱くまた緊張感を持って憲法改正に取り組むべきだというのが私たち国基研の考えです。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆捻じ曲げられた麻生発言

ところが朝日新聞は、麻生発言を、「改憲はヒットラーに学んで、こっそりやれ」と、報道した。

いつもの事だが、捻じ曲げて報道した。

ユダヤ人団体が、「ヒットラーから何を学ぶのか!」と反発した。

中国・韓国もこれに乗じて、「安倍政権」批判を批判を強めた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆麻生発言の真意

麻生太郎氏は、「ナチスを例に出した事は、誤解を招く」として、発言の一部を撤回した。

問題の「発言」個所とは、次の通りである。

・・・(靖国参拝を)いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧騒(けんそう)のなかで決めてほしくない。

「発言」記録の全文を読めば、麻生発言の真意は、「改憲を、静かに議論すべき」であることがわかる。

=================

|

« 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 | トップページ | 「麻生発言」はナチス政権を肯定していない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57906415

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生発言の真意:

« 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 | トップページ | 「麻生発言」はナチス政権を肯定していない! »