« 安倍総理、靖国に参拝すべきです! | トップページ | 核兵器廃絶運動と核武装論は矛盾するのか? »

2013年7月26日 (金)

安倍総理の靖国参拝~「政府としての答えは差し控えたい」(菅官房長官)

25_000604

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆靖国参拝、明言せず

菅義偉官房長官は、次のように述べた。

(安倍総理の靖国参拝について)

「・・・参拝するかしないかについては、政府としての答えは差し控えたい」

「これは安倍内閣の基本的な姿勢だ」

実に、菅官房長官らしい“模範解答”だったと思う。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安心できる

(すが)官房長官は、話に無駄がない。

その上、言いたいことをズバッと言ってくれる。

素晴しい“内閣官房長官”である。

同じ「菅」と書いても、「菅(かん)直人」とは、大違いである。

菅義偉先生は、実に頼もしく、安心できる政治家である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中韓に呼応した“宣伝戦(心理戦)”

結局、「安倍内閣の基本姿勢(=明言しない)」が確認出来たので、安心した。

注意しなければならないのは、中韓と反日マスコミの“宣伝戦(心理戦)”である。

「安倍総理、中韓に配慮し靖国参拝見送り」(毎日新聞)の報道は、中韓に呼応した“宣伝戦(心理戦)”のひとつである。

中韓と反日マスコミの目的は、“保守の分断”である

安倍総理には、是非とも靖国神社に参拝していただきたいが、一方で「行く・行かない」の議論ばかりが過熱するのは「差し控える」べきである。

黙って、静かに・・・参拝すべきである。

=======================

|

« 安倍総理、靖国に参拝すべきです! | トップページ | 核兵器廃絶運動と核武装論は矛盾するのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57866101

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の靖国参拝~「政府としての答えは差し控えたい」(菅官房長官):

« 安倍総理、靖国に参拝すべきです! | トップページ | 核兵器廃絶運動と核武装論は矛盾するのか? »