« ≪漢詩鑑賞≫新豊の臂(うで)を折りし翁(白居易) | トップページ | 子供に「権利」があるのか? »

2013年7月13日 (土)

反国家主義者の「権力暴走論」

Tky201307030861

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「反自民」キャンペーン

参院選挙も終盤戦である。

最近、よく聞かれるメディアの「反自民」キャンペーンは次の通りである。

「ねじれ」は悪いことではない・・・。

「ねじれ」があるから、“権力の暴走”に「歯止め」がかかる・・・。

これは、「ねじれ解消」を訴える“自公政権”に対するネガ・キャンである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「ねじれ=歯止め」論の“主犯”

これは、「与党(自公)の過半数」を阻止する為の“方便”である。

そもそも、“民主党政権”の時にはそういう発想はなかった。

だが、“自民党政権”になって“権力は暴走”すると言われ、その中で「ねじれ=歯止め」論が言われている。

「ねじれ=歯止め」論の“主犯”とされるのは「安倍自民党」なのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆公明党の「ねじれ解消」主張

公明党などは、手拭いパフォーマンスで「ねじれ解消」を訴えている。

次のように、メディアの「反自民」キャンペーンを逆手にとっている。

我が党こそが(自民党・暴走の)歯止めになる・・・。

公明党は狡猾だ。

だが、「ねじれ解消」の最大の目的は、“改憲勢力の2/3確保”であり、“自公の過半数”ではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆反国家主義者の「権力暴走論」

中国・北朝鮮のような独裁国家では“権力の暴走”は有り得る。

だが、日本のような価値観(民主主義・自由主義・法治主義・人権)を持つ国では、“権力の暴走”はあり得ない。

安倍総理は“愛国的”ナショナリストである。

だが、“排外的”ナショナリストではない。

「権力暴走論」を唱えているのは、主に民主党・共産党・社民党・生活の党・みどりの風と「反日」マスコミの“反国家主義者”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・・☆

◆メディアの暴走

昨年の衆院解散・総選挙の時、メディアの「反自民」キャンペーンは次の通りだった。

民主党にはがっかり、(だが)自民党にはもうこりごり・・・。

だが、賢明な日本国民は、安倍自民党を選んだ。

恐らく、今回の参院選挙でも、安倍自民党は勝利するだろう。

自民党の暴走よりも、メディアの暴走こそが危惧されるべきである。

====================

|

« ≪漢詩鑑賞≫新豊の臂(うで)を折りし翁(白居易) | トップページ | 子供に「権利」があるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57781552

この記事へのトラックバック一覧です: 反国家主義者の「権力暴走論」:

« ≪漢詩鑑賞≫新豊の臂(うで)を折りし翁(白居易) | トップページ | 子供に「権利」があるのか? »