« (反日)韓国人を憎まない、だだ軽蔑するだけ | トップページ | 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 »

2013年7月30日 (火)

(反日)韓国人を憎まない、ただ軽蔑するだけ≪続≫

Img_1141145_36644015_11100286431561 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「軽蔑する」ことは「ヘイト」ではない

昨日ブログで、「私は(反日)韓国人を憎まない、ただ軽蔑するだけ」と述べた。

ヘイト・スピーチ(憎悪表現)はすべきではないが、「軽蔑する」ことは違う。

「軽蔑は、(人間として)許される感情」だと、思っている。

「軽蔑」することは、「ヘイト」とは、別である。

それに、私は・・・すべての韓国人・朝鮮人を軽蔑している訳ではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆冷静だった、辺真一氏

今朝、『モーニング・バード』(テレビ朝日)に、辺真一氏(コリア・レポート編集長)が出演していた。

辺真一氏は、「歴史を忘れる民族に未来はない」(サッカー日韓戦での横断幕)を批判して次のように言った。

「(朝鮮戦争で)中国軍の侵略によって、同胞(コリアン)が殺害され、南北に分断されられた」

「(韓国民は)この歴史を忘れたのか?」

韓国人・朝鮮人の中にも、このように・・・韓国内の「反日(世論)」を「冷静に見ている」人がいる!

私は、感心させられた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“旭日旗”を問題視する韓国メディア(?)

辺真一氏の「(自虐的な)「韓国世論批判」に、コメンテーターは“沈黙”した。

日本メディアの多くは、韓国(世論)をただ“紹介”するだけである。

だが、“批判”はしない。

例えば、(サッカー日韓戦で掲げた)『旭日旗』を、韓国メディアが“軍国主義”の象徴として問題視している、と報道している。

『旭日旗』が“軍国主義”の象徴とは「(非常識で)全く馬鹿げた話」である。

だが、日本メディアは、ただ“紹介”するだけで、“批判”はしない。

===================

【追記】 旭日旗とは何か?

「旭日旗=軍国主義」は、全くデタラメな(韓国人の)捏造である。

「旭日」の意匠には、古来よりいくつもの種類があり、民間でのお祝い事などの際にめでたさを強調するために用いられてきた。

即ち、「旭日」の意匠は、僥倖(※)を意味するもので、「旭日旗」は、「軍国主義」とは程遠いものである。

※僥倖(ぎょうこう)とは、幸運を願い待つことと言う意味がある。

「旭日旗」は、「自衛隊旗」、「朝日新聞社旗」などにも使用されている。また「その意味合い」から、スポーツの試合などでも多く使用される。

「旭日旗」は平和の象徴である。

===================

|

« (反日)韓国人を憎まない、だだ軽蔑するだけ | トップページ | 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57893627

この記事へのトラックバック一覧です: (反日)韓国人を憎まない、ただ軽蔑するだけ≪続≫:

« (反日)韓国人を憎まない、だだ軽蔑するだけ | トップページ | 護憲派の迷信~①「9条絶対平和論」②「国権を縛る鎖論」 »