« 堪え難きを堪え忍び難きを忍び② | トップページ | 「野党は劣化」(川口氏)・・・その通りだネエ »

2013年5月10日 (金)

堪え難きを堪え忍び難きを忍び③

Toujou1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆米国の「懸念」?

米議会調査局は、今月、「日米関係報告書」を発表した。

その中で、安倍総理の歴史観(歴史認識発言、靖国神社参拝など)に対する「懸念」を示した。

「懸念」とは、次の内容である。

①周辺諸国(中・韓)との対立を呼び、

②米国の国益に悪影響を及ぼす可能性がある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆国によって・・・異なる「歴史観」

当然ながら、日米間で「歴史観」(歴史認識)は異なる。

米国人が、独自の歴史観(歴史認識)を持つ事を咎めない。

だが、日本の歴史、文化、価値観などを否定したり、歪めたりするのは間違いである。

“靖国参拝”に口出しするのは、「不当介入」と言うしかない。。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「東京裁判史観」との決別

諸外国の「不当介入」の責任は、日本側にもある。

先の大東亜戦争(太平洋戦争)では、日本は「敗戦国」で、米国は「戦勝国」である。(韓国は「日本国」だ)

しかし、今では、韓国も、日本も「独立国」である。

もうそろそろ、日本人は、「東京裁判史観」と決別すべき時ではないか。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆確認すべき基本的な「事実」

基本的な「歴史的事実」を挙げる。

①「日本国憲法」を起草したのはGHQである。

②GHQが検閲制度により、言論統制をした。(言葉狩り、「大東亜戦争」削除→「太平洋戦争」、ナショナリズムの抑制など、日本の「侵略戦争」で、洗脳した)

③東京裁判は、それまでの国際法の概念になかった「平和に対する罪」「人道に対する罪」を創って、個人(元A級戦犯)を裁いた。(パル判事は「日本無罪論」を述べた)

④「元A級戦犯]は戦犯ではない。(「独立後」の国会では、完全に名誉回復された。日本に戦争責任者はいない)

==================

|

« 堪え難きを堪え忍び難きを忍び② | トップページ | 「野党は劣化」(川口氏)・・・その通りだネエ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

に関する考え方| |あなたは真剣に考えて熱心 ハイパーリンクを? ルイヴィトン 偽物 http://www.zjszlib.com/lv.asp

投稿: ルイヴィトン 偽物 | 2013年5月15日 (水) 10時24分

Great paintings! That is the kind of info that are supposed to be shared across the net. Shame on Google for no longer positioning this submit upper! Come on over and visit my web site . Thank you =)

投稿: akb48 | 2013年5月20日 (月) 19時36分

I truly appreciate this post. I have been looking all over for this! Thank goodness I found it on Bing. You have made my day! Thanks again

投稿: oakley メガネ | 2013年5月21日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57356612

この記事へのトラックバック一覧です: 堪え難きを堪え忍び難きを忍び③:

« 堪え難きを堪え忍び難きを忍び② | トップページ | 「野党は劣化」(川口氏)・・・その通りだネエ »