« 日露「外交」の課題① | トップページ | ≪読書感想≫海の細道(長谷川櫂著) »

2013年5月 2日 (木)

日露「外交」の課題②

6z20130428ttapt01566g300000

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍=プーチン会談をキッカケに、日本とロシアは“戦略的互恵関係”を強めるだろう。日露首脳会談の歴史的意義は大きい。

=================

◆安倍総理「毎日一仕事」

安倍総理は、(連日)獅子奮迅の大活躍である。

「一内閣一仕事」(※)という言葉がある。

だが、今の安倍内閣を見ると、「一内閣一仕事」どころか、「毎日一仕事」をやり遂げている感がする。

※「一内閣一仕事」  一内閣が政治懸案事項について「道筋をつけたり、解決・達成できるのはせいぜい一仕事くらいである」という意味である。(竹下登元総理の言葉より)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「格」の違い

兎も角、アベノミクス、日米同盟の強化、TPP参加表明、尖閣・沖縄への対応、等々・・・。

安倍総理のパワーとスピードは凄い。

野党も、「反安倍」マスコミ・メディアも、安倍総理を“追走”するのに、精一杯で息切れしているようだ。

まるで,“G1クラスの競走馬”と、“初出走の新馬”と、同じくらい「格」の違いを見せている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆大反省・民主党集会(?)

野党・民主党は、夏の参院選挙を意識している。

政権再交代から4か月過ぎた今、「大反省・民主党集会」(?)を呼び掛けている。

「弁解三兄弟」(菅直人・枝野幸男・長妻昭)が、“企画“しているとの事だが、「大反省・・・」とは、猿にもマネのできない新しい「自虐ネタ」か?

思わず失笑した。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「反安倍」陣営の混乱ぶり

「反安倍」マスメディアの“論点”が、かなり混乱している。

例えば、“閣僚の靖国参拝”については、「中国・韓国の反発」「米国の懸念」などを、大きく紹介している。

安倍「批判」の“材料”として、専ら「中国・韓国の反発」を“使用”しているだけ。

自らの“言葉”で語れない姿に、「反安倍」陣営の混乱ぶりが窺える。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆安倍=プーチン会談

例えば、“日露首脳会談”についても、中国の論評(「安倍はプーチンに冷や水を浴びせられた」)を、そのまま紹介している。

だが、この“歴史的意義”について、正しく解説しているマスコミ・メディアは少ない。

“論点”は、「3日遅れの朝刊」を読むような内容である。

日々変化する国際情勢の中で、我が安倍総理は、「毎日一仕事」をやり遂げている。

今後も、注目したい。

=======================

|

« 日露「外交」の課題① | トップページ | ≪読書感想≫海の細道(長谷川櫂著) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57292939

この記事へのトラックバック一覧です: 日露「外交」の課題②:

« 日露「外交」の課題① | トップページ | ≪読書感想≫海の細道(長谷川櫂著) »