« 橋下「慰安婦」発言は、「言語道断で侮辱的」(米報道官)か? | トップページ | 「慰安婦」問題で、「性奴隷(sex slaves)」という捏造を放置するな! »

2013年5月20日 (月)

≪読書感想≫山椒魚(井伏鱒二著)

41cf5aj30bl__sl500_aa300_

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ユーモラスで漫画的作品

今日は雨降りの為、『山椒魚』(井伏鱒二著)を読んだ。

『山椒魚』は、一匹の山椒魚が棲家となった岩屋から出られなくなかったことから始まる悲喜こもごもが描かれている小説である。

冒頭の表現(山椒魚は悲しんだ。・・・)は、ユーモラスで漫画的で見事である。

『鳥獣戯画』のような情景が、浮かぶ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「短編」作品なら

私は、文学作品(詩歌や小説)が好きだ。

だが65歳ともなると、もっぱら私が鑑賞するのは「短編」作品が多い。

漢詩は好きだが、『長恨歌』(白居易)のような「長編」は、途中“息切れ”する。

「体力」不足が原因である。

それが、短編小説の『山椒魚』を選んだ理由である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆作品と作家の魅力

作品『山椒魚』の魅力は、ユーモラスで漫画的な処である。

「文学よりも絵が好きだった」という井伏鱒二の作品である。

作家「井伏鱒二」の魅力については、亀井勝一郎が次のように書いている。

文学者とは無用人たることである。これは常識だ。むろん明るい覚悟ではなく、暗澹たる覚悟と称すべきものであろう。・・・(井伏のように)天成無用人らしい風貌をそなえた人は稀になりつある。

Img_474434_6736119_0

=================

|

« 橋下「慰安婦」発言は、「言語道断で侮辱的」(米報道官)か? | トップページ | 「慰安婦」問題で、「性奴隷(sex slaves)」という捏造を放置するな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57424333

この記事へのトラックバック一覧です: ≪読書感想≫山椒魚(井伏鱒二著):

« 橋下「慰安婦」発言は、「言語道断で侮辱的」(米報道官)か? | トップページ | 「慰安婦」問題で、「性奴隷(sex slaves)」という捏造を放置するな! »