« 「鉄の女」サッチャーの教訓 | トップページ | みのもんた氏、馬鹿まる出し発言(朝ズバッ) »

2013年4月10日 (水)

日本人拉致被害者の救出のために「北朝鮮の崩壊」を目指せ!

2012031700536_0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今日にもミサイル発射か?

今日も、北朝鮮関連のニュース報道が多い。

「北朝鮮、在韓外国人に国外退去勧告」、「今日にもミサイル発射か」と、危機感を伝える。

しかし、韓国人は意外なことに、冷静である。

(馬鹿ボンの脅しに)「慣れた」ことと、(北朝鮮への)「同胞意識」の為であろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆北朝鮮「無慈悲」の文脈

北は、「ソウルを火の海に」「無慈悲な砲弾の雨」という言葉で、再三韓国を威嚇した。

「無慈悲」・・・強烈な言葉である。

だが北朝鮮のホンネは、「米朝和平」である。

即ち、(金正恩の)核を抱いたままの“命乞い”が、北のホンネであることは、文脈を読めば分かる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中国「自制」の文脈

次に、中国のホンネについて、である。

中国は、米国に対して「自制」「話し合い」を呼びかけている。

「自制」「話し合い」・・・優しい言葉である。

だが中国のホンネは、文脈を読めば分かる。

「北朝鮮の崩壊」を避けたい、何故ならそれ(北朝鮮の崩壊)は、「中国共産党独裁政権の崩壊につながる」・・・これが中国のホンネである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「拉致被害者の救出」のチャンス

連日の報道で、メディアが忘れている事がある。

それは、・・・『日本人拉致被害者の救出』である。

「話し合い」では、「拉致問題」は永遠に解決されない。

『北朝鮮の国際的孤立』『独裁崩壊』は、「拉致被害者の救出」のチャンスである。

日本人拉致被害者の救出のためには、「北朝鮮の崩壊」を目指すべきである!その時がチャンスである。

===========

|

« 「鉄の女」サッチャーの教訓 | トップページ | みのもんた氏、馬鹿まる出し発言(朝ズバッ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57143500

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人拉致被害者の救出のために「北朝鮮の崩壊」を目指せ!:

« 「鉄の女」サッチャーの教訓 | トップページ | みのもんた氏、馬鹿まる出し発言(朝ズバッ) »