« 安倍総理in硫黄島 | トップページ | 目には目、歯には歯、脅迫には警告 »

2013年4月16日 (火)

憲法改正:参院選の焦点に!

Mca1303182333023p1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆憲法改正の「工程表」

安倍総理は、憲法改正に向けた「工程表」を明らかにした。

(道筋は次の通りだ)

①参院選で勝利し、(改正に前向きな)2/3の勢力を確保

②(幅広い支持を得やすい)96条の改正に着手

③「集団的自衛権の行使」に関しては憲法解釈の変更で対応

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆現実的で、理にかなったもの

内閣支持率が74%に上昇した。

だが、今までの安倍内閣の「雄姿」を見れば当然である。

驚くほどのことではない。

憲法改正の「工程表」は、安倍総理らしく・・・現実的で、理にかなったものと言える。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆各党の「思惑」

「憲法改正」を参院選の争点にすべきである。

だが、各党「思惑」が先行している。

「(議論は)熟していない」(公明党・山口代表)

「(改正の)中身とセットで議論すべき」(民主党・海江田代表)

・・・等々、「96条改正議論」を避けようとしている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「政局化」にするな!

維新の橋下代表は、「96条を改正するかで民主党は分かれた方がいい」と語った。

橋下氏らしい言い方だ。

(民主党応援団の)メディアは、「(自民党の)憲法議論は、民主党を分断する狙いがある」「政局化すべきでない」という。

だが、これは違う。

憲法議論を「政局化」に矮小化して、むしろ「議論」を避けている。

「(改正議論を)受けて立つ!」とファイティング・ポーズ(笑)を示している社民党・福嶋党首の方がスッキリしている。

==================

|

« 安倍総理in硫黄島 | トップページ | 目には目、歯には歯、脅迫には警告 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57184453

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正:参院選の焦点に!:

« 安倍総理in硫黄島 | トップページ | 目には目、歯には歯、脅迫には警告 »