« 上野不忍池界隈を散策(徘徊?) | トップページ | 今朝の『サタズバッ』(TBS) »

2013年3月22日 (金)

就中、最大の敵は中国である

Photo

映画『レッドクリフ』より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆外国は全て「敵国」

私は、愛国者だが国粋主義者ではない。

私は、(日本以外の)外国は全て「敵国」と思っている。

これは、私の基本認識である。

特に、反日3国(中国・韓国・北朝鮮)は、「敵国」である。

就中、最大の敵は中国(・・・正確に言えば、中国共産党政権)である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆北朝鮮・金正恩の行動原理

北朝鮮・金正恩体制は、崩壊寸前と云われている。

最近では、「核先制攻撃、日本(沖縄)も対象内」と、挑発をエスカレートさせている。

某TV番組で、辺真一(ピョン・ジョンイル)氏は、次のように分析していた。

もしこのまま行けば、北朝鮮は内部崩壊する。そうなれば、金正恩は自棄(ヤケ)になって核攻撃をする可能性もある。それが恐ろしい。

辺(ピョン)氏は、「(万策尽きた場合の・・・)自棄(ヤケ)」を、金正恩の“行動原理”の一つに挙げていた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆中国共産党政権の行動原理

だが、最も警戒すべきは中国である。

「自棄(ヤケ)」が、北朝鮮・金正恩の“行動原理”だが、中国(共産党政権)のそれは違う

『孫子の兵法』にある通り、「勝算があれば戦い、なければ戦わない」「攻勢のときは一気にたたみかける」「敵と対峙するときは正(正攻法)の作戦を採用し、戦いは奇(奇襲)によって勝つ」というもの。

つまり、「相手(日本)が弱い」と判断すればためらわず軍事的手段をとるのが、中国(共産党政権)の“行動原理”である。

日本は、いつでも反撃が出来るように準備をすべきだ。

これが戦争抑止力というものである。

==================

|

« 上野不忍池界隈を散策(徘徊?) | トップページ | 今朝の『サタズバッ』(TBS) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57008597

この記事へのトラックバック一覧です: 就中、最大の敵は中国である:

« 上野不忍池界隈を散策(徘徊?) | トップページ | 今朝の『サタズバッ』(TBS) »