« 人生の再チャレンジ | トップページ | TPP「交渉」参加表明、頑張ろうニッポン! »

2013年3月15日 (金)

「生活保護パチンコ禁止条例案」(兵庫県小野市)について

D_05774099

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆『とくダネ』(フジテレビ)

今朝、『とくダネ』(フジテレビ)を観た。

「生活保護受給者のパチンコ禁止条例案」(兵庫県小野市)が話題だった。

番組では、「ギャンブル禁止、市民が通報、生活保護巡る条例案の波紋」と題して、小野市の「条例案」を、全員で非難していた。

「監視社会」(?)という頓珍漢な“屁理屈“をこねていたが、(特に)小倉智明氏らは酷かったネエ・・・。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆小野市の正論

市長さんは(条例案提出の動機について)「支給日に、今日どこ行く?パチスロやという会話を聞いた」と、答えている。

この「条例案」の目的は、「監視社会」が目的ではない。

①生活保護者の「ギャンブル依存症」を防止する事、

②「ギャンブル依存症」から脱却させ、人生「再チャレンジ」の機会を与える事、

が目的だと、思う。

即ち、正当な理由があって生活保護を受けている人を、①不正受給者、②ギャンブル依存症の受給者、とハッキリ区別し、守るためのものである。

全く、正論である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆パチンコ禁止法の制定を!

小野市の条例は、「生活保護費をパチンコなどに、過度に使う事を禁止する」もので、当り前の事である。

しかし、何故『とくダネ』(フジテレビ)が、小野市を批判するのか?

「パチンコ業界」の9割は、韓国・北朝鮮・台湾系で、「パチンコ業界」は、有力なテレビCMのスポンサーである。

パチンコ問題は、テレビ局にとって“アンタッチャブル”である。

根本的には、市の『条例』ではなく、国会で「パチンコ(=私営賭博)禁止法」等の『法律』をつくるべきだ、と思う。

===================

|

« 人生の再チャレンジ | トップページ | TPP「交渉」参加表明、頑張ろうニッポン! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56958783

この記事へのトラックバック一覧です: 「生活保護パチンコ禁止条例案」(兵庫県小野市)について:

« 人生の再チャレンジ | トップページ | TPP「交渉」参加表明、頑張ろうニッポン! »