« 何故、沖縄に米軍基地が必要か?《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陶淵明の『雑詩』(五言古詩) »

2013年3月26日 (火)

今回の「選挙無効」(広島高裁:判決)について

2013y03m26d_003733130

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「違憲で無効」判決

広島高裁は、(昨年の衆院選挙について)「違憲で無効」の“判決”を下した。

“判決”は、(現行の選挙制度が)「違憲で無効」という内容だ。

それだけの事である。

大騒ぎすることではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「選挙管理委員会」が被告

この裁判の<被告>は、(現行の選挙制度に従って「選挙」を実施した)「広島県選挙管理委員会」である。

「衆議院議員」「内閣総理大臣」は、裁判の<被告>ではない。

素人の私には少しややこしい・・・。

だが、“判決”は冷静に受け止めたら良い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆立法府の怠慢

一部メディアは、「無効」な選挙で選ばれた国会議員と、「国会」で選ばれた安倍総理に対して、「無効」というレッテルを貼っていた。

だが、選挙で選ばれた「衆議院議員」各位や、国会で選ばれた「内閣総理大臣」安倍晋三殿が「無効」と云う訳ではない。

どうしょうも無い事だが・・・。

「立法府の怠慢」(=国会議員の怠慢)、というだけの事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“政治を止める”余裕はない

メディアの一部には、「現自民党政権が違憲」「選挙をやり直せ」というコメントがあった。

「現自民党政権が違憲」とするなら、「旧民主党政権も違憲」であり、新旧全ての「国会議員が違憲」と言える。

滅茶苦茶で、無責任なコメントだ。

今、日本国には、そんな事で“政治を止める(混乱する)”余裕はない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆立法府の仕事

だが、各与野党代表のコメントは、どこか他人事のようである。

私は、次のように考える。

国会議員には、(それぞれ各党・各議員の選挙事情があるから)選挙制度は、決められないのであって、“選挙制度”だけは、国会議員ではなく「別の機関」が決めるという「法律」にすればよい。

そこまでが、“立法府“の仕事とすべきである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆別の政治的“思惑”

話は飛ぶが・・・評論家の江川紹子氏は、「違憲な議員が憲法を改正する」「ブラック・ジョークのようだ」と揶揄している。

「憲法改正を目指す」自民党・安倍政権を念頭に置いてのコメントである。

「憲法改正」の議論と、「選挙制度の改定」は別である。

「現自民党政権が違憲」「選挙をやり直せ」と叫ぶ一部メディアの論調には、どうも・・・別の政治的“思惑”が感じられるのである。

==================

|

« 何故、沖縄に米軍基地が必要か?《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陶淵明の『雑詩』(五言古詩) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/57036781

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の「選挙無効」(広島高裁:判決)について:

« 何故、沖縄に米軍基地が必要か?《続》 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陶淵明の『雑詩』(五言古詩) »