« 頑張れ、日本!~東京五輪誘致≪続≫ | トップページ | 明日は東京大空襲(3・10)、明後日は東日本大震災(3・11) »

2013年3月 8日 (金)

故洞下実師(元サンコーテクノ会長)の思い出

Sanko2chorage

故洞下実師(元サンコーテクノ会長・写真上)は人生最大の恩師で、私は(師公認の)不肖の弟子である。今でも、時々洞下実師の夢をみるが、師は夢の中でさえ、仏のような眼差しで、私の悩みを聞いてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆何度も挫折した・・・

人の「性癖」というものは、治るものではないナア・・・。

私は、怠け者である。

コツコツと努力するのは大の苦手である。

若い頃の勉強も、習い事も長続きせず・・・人生の途中で何度も挫折している。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆耳が痛い「格言」

コツコツと努力できる人は、天才である。

“継続は力なり”と言われるが、「怠け者」の私にとって、耳が痛い「格言」であった。

コツコツと努力する天才には、途方も無い『孤独感』が漂う。

それが、「小心者」の私には耐えられない事、真似のできない事であった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆気楽に生きる

“続かない”と云うのは、その事が「好きでない」「苦痛」が、主な理由である。

要するに、続けるためには、「気楽に・・・」「楽しんで・・・」やれば良い。

故洞下実師(元サンコーテクノ会長)は生涯の恩師で、私は(師公認の)不肖の弟子である。

「気楽に生きる」という“生き方の極意”は、洞下実師から学んだ事である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆遊働

流山市倫理法人会MSで、洞下実師が、「遊働」というテーマで講話をしていた事を思い出す。

「遊働」とは、「遊ぶ」「働く」ことの“合体”であり、「喜働」を超えたものである。

「無類の働き者」と言われた洞下実師にとって、「働く」事とは、「遊ぶ」事と同じ、楽しい事なのである。

人との出会いは素晴しい・・・。

私は「気楽に生きる」と云う“生き方の極意”を、師から学んだのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆日々好日

私の散歩道には、千葉競輪、千葉公園、千葉県護国神社、そして千葉市生涯学習センター(千葉中央図書館)がある。

千葉公園では、同世代の爺さんが孫とボートに乗っていた。

図書館では、『更に尽くせ一杯の酒』(後藤秋正著)という本を借りた。

「散歩の途中、一息入れるような気分、どこからでも気楽に読んでいただければさいわいである」と、本書「あとがき」にあった事と、偶々、本のタイトル(=王維の漢詩『元二の安西に使するを送る(七言絶句)』の第三句)に魅かれた為である。

その気楽さが心地よい・・・。

日々好日である。

=================

送元二使安西

渭城朝雨浥輕塵  渭城の朝雨 軽塵を浥おす

客舎靑靑柳色新  客舎 青青 柳色新なり

勸君更盡一杯酒  君に勧む更に尽くせ一杯の酒

西出陽關無故人  西のかた陽関を出づれば故人無からん

51iaowkfp8l__sl500_aa300_

|

« 頑張れ、日本!~東京五輪誘致≪続≫ | トップページ | 明日は東京大空襲(3・10)、明後日は東日本大震災(3・11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56912471

この記事へのトラックバック一覧です: 故洞下実師(元サンコーテクノ会長)の思い出:

« 頑張れ、日本!~東京五輪誘致≪続≫ | トップページ | 明日は東京大空襲(3・10)、明後日は東日本大震災(3・11) »