« 「シビリアンコントロール(文民統制)」の誤解 | トップページ | TVタックル、久しぶりの西村真悟先生 »

2013年2月10日 (日)

鳩山・菅でなく、安倍さんが総理大臣で良かった!

Ce18103b

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆シビリアンコントロール

昨日のブログで、「シビリアンコントロール」について、次のように述べました。

正確に言うならば、“国の防衛のために、政治家と軍人が一体と為って性例する”ことを「シビリアンコントロール」という。

「武力衝突を回避したい」と、一番願っているのは最前線の「軍人・武官」である。

わが国の誇る陸海空自衛隊が、十分に能力を発揮できるように、自衛隊法の改正を急ぐべきだ!

有事法制も曖昧なまま、「文民」が「軍人」を統制(コントロール)する、というのは誤解である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆最高指揮官は総理大臣

「シビリアンコントロール」については、「内閣総理大臣は、自衛隊の最高指揮官」という事を付記しなければならない。

“安倍晋三さんが総理大臣で良かった”と、私はつくづく思っている。

もし総理大臣が、ルーピーの鳩山由紀夫や、「総理が自衛隊の最高指揮官」だという事すら知らなかった菅直人だったら・・・と、思うとゾッとする。

「シビリアンコントロール(文民統制)」の大前提は、総理大臣は「バカ」「スパイ」でないことである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「中国艦の動画 公開」に反対!

讀賣新聞の朝刊(10日)に次のような記事があった。

政府は9日、中国海軍艦艇が海上自衛隊護衛艦に射撃用の火器管制レーダーを照射した問題で、護衛艦が撮った中国艦艇の動画や写真などの証拠デ―タを公開する方針を固め、調整に入った。

「中国政府が照射の事実を否定している」ことが「理由」のようだが、「証拠の公開」は、「軍事(機密)技術の公開」であり、中国側の“思う壷”である。

明確な証拠を提示しても、際限なく「日本のデッチ上げ」と強弁するだろう。

絶対に、止めるべきである。

===================

安倍さんが総理大臣で良かった!

|

« 「シビリアンコントロール(文民統制)」の誤解 | トップページ | TVタックル、久しぶりの西村真悟先生 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56733860

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山・菅でなく、安倍さんが総理大臣で良かった!:

« 「シビリアンコントロール(文民統制)」の誤解 | トップページ | TVタックル、久しぶりの西村真悟先生 »