« 北核実験と朝鮮学校補助金問題について | トップページ | 千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石 »

2013年2月15日 (金)

河野洋平氏の「歴史認識」とは何か?

Image

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆超A級売国奴

売国奴と云えば、最近ではポッポ鳩山由紀夫を思い出す。

更に、「大物」を挙げれば、河野洋平と加藤紘一、それに野中広務の3人が思い浮かぶ。

鳩山の場合はルーピーで“無自覚”だが、河野・加藤・野中は、“確信犯”である。

中でも、河野洋平のそれは「超A級売国奴」である。

☆・・・・・・☆・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆河野氏の韓国訪問

韓国を訪問した河野氏は、朴韓国次期大統領と会談した。

(会談では)「歴史を直視し歴史に学ぶ」ことでお互い一致したという。

普通なら、当り前のことで、どうってことない「一致」である。

だが、「超A級売国奴・河野洋平」だけに、看過できない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「慰安婦問題」とは?

会談では、慰安婦問題の話は出なかった。

何故、「慰安婦問題」の話が出なかったのか?

理由は簡単である。

河野氏は、日韓関係にとって棘(トゲ)=「河野談話」を発表した張本人である。

※「河野談話」とは、河野氏が官房長官時代に、「旧日本軍の従軍慰安婦の強制性」を認めて謝罪したものである。“強制性”の「事実」が何一つ無いのに(自称「慰安婦」の証言だけを基に)反日圧力に屈したのが「河野談話」である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆河野氏の「歴史認識」とは?

河野氏は、ソウルで開かれた国際フォーラムで講演した。

<講演を要約すれば次の通りである>

日本が韓国と信頼関係を構築するためには、「日本が・・・」「軍事力を背景に」「韓国の独立を奪った」「歴史的事実に」「真摯に向き合い」「明確な反省をする」「・・・必要がある」と述べた。

韓国人聴衆から、拍手を受けたという。

酷いネエ・・・。

「軍事力を背景に韓国の独立を奪った」などと、“嘘八百”を述べてている。

「超A級売国奴」河野氏の「歴史認識」とは、韓国人のご機嫌をとる事なのである。

===================

|

« 北核実験と朝鮮学校補助金問題について | トップページ | 千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56770056

この記事へのトラックバック一覧です: 河野洋平氏の「歴史認識」とは何か?:

« 北核実験と朝鮮学校補助金問題について | トップページ | 千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石 »