« 日韓「未来志向」の幻想 | トップページ | ねじれ国会~「薄氷を踏む思い」(安倍総理) »

2013年2月26日 (火)

人は二度死ぬ

3406655

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私の最期は・・・

私は、人間が好きで、寂しがり屋である。

だから、所謂「孤独死」はイヤだ。

最期は、家族に看取られて死にたいと願っている。

葬式も、出来るだけ派手にやって欲しい。

後の法事も、「私を肴にして・・・」賑やかに酒宴を開いて欲しいと願っている。

私の秘かな願いである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆人は二度死ぬ

そんな私が“好きな言葉”が、「人は二度死ぬ」である。

つまり、「肉体が滅んだ(一度目の死)だけでは人は死なない。人々の記憶が消えた時(二度目の死)、人は本当に死ぬ」・・・というものである。

「死ぬ」ことは怖いが、誰でも一度目の死は避ける事は出来ない。

最期は「安らかに死にたい」と願っている。

それ故、「人は二度死ぬ」という言葉は、生きる糧として効き目がある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「民主党再生は絶望」(LP鳩山)

大変恐縮だが・・・鳩山由紀夫元総理の「話題」に触れる。

鳩山由紀夫元総理といえば、「ルーピー」「売国奴」の話題が多い。

凋落一途の民主党の中で、一人(ほとんどがお笑いのネタだが・・・)「話題」を提供してきた。

多分、鳩山由紀夫元総理は、人間が好きで、寂しがり屋なのだろう。

その「LP鳩山」が、民主党を「離党する」と表明した。

理由は、「もはや民主党の再生は絶望」とのことだ。

LP鳩山の離党で、「民主党」は二度目の死を迎える時が近いようだ。

誠に、哀れである。

===============

|

« 日韓「未来志向」の幻想 | トップページ | ねじれ国会~「薄氷を踏む思い」(安倍総理) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56843349

この記事へのトラックバック一覧です: 人は二度死ぬ:

« 日韓「未来志向」の幻想 | トップページ | ねじれ国会~「薄氷を踏む思い」(安倍総理) »