« 「日本が危機をあおり、中国の顔に泥を塗った」「このようなやり方は関係改善の努力に背くものだ」(華春塋報道官) | トップページ | 鳩山・菅でなく、安倍さんが総理大臣で良かった! »

2013年2月 9日 (土)

「シビリアンコントロール(文民統制)」の誤解

20130205230205058501

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「日本の捏造」だと

中国外務省の華春塋報道官は、8日の定例会見で次のように言った。

「日本の言い方は完全に捏造だ」「火器管制レーダーはなかった」「(日本政府の)再調査要求には応じない」

中国側の一部マスコミは、「(大気汚染は)中国進出の日本企業のせい」と、反日暴動を煽っている。

中国側の挑発行為は、エスカレートするばかりである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

今朝の『サタズバッ』

『サタズバッ』(TBS)に小野寺防衛大臣が出演していた。

番組の中で、みのもんた氏は、「公表(情報)が遅れたのは何故か?」「シビリアンコントロール(文民統制)は大丈夫か?」に、質問が集中していた。

小野寺大臣は、言葉を選び丁寧に答えていたが、みの氏は「日中双方ともに冷静に!」と締め括った。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆違和感を感じる

9割方「安倍政権の対応」を批判していたように感じた。

みの氏は「冷静に!」と言うが、安倍政権は(充分に)毅然として冷静である。

「シビリアンコントロールは大丈夫か?」じゃなくて、「自衛隊の軍事能力は大丈夫か?」と問うべきである。

私は、違和感を感じた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆シビリアンコントロールの誤解

「シビリアンコントロール」とは、一般に「文民統制」と理解されている。

正確に言うならば、“国の防衛のために、政治家と軍人が一体となって精励する”ことを「シビリアントロール」という。

「武力衝突を回避したい」と、一番願っているのは最前線の「軍人・武官」である。

わが国の誇る陸海空自衛隊が、十分に能力を発揮できるように、自衛隊法の改正を急ぐべきだ!

有事法制も曖昧なまま、「文民」が「軍人」を統制(コントロール)する、というのは誤解である。

======================

|

« 「日本が危機をあおり、中国の顔に泥を塗った」「このようなやり方は関係改善の努力に背くものだ」(華春塋報道官) | トップページ | 鳩山・菅でなく、安倍さんが総理大臣で良かった! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

対中国韓国には戦後一貫して冷静な日本に「冷静な対応を」というマスコミの言い方には殺意すら覚える。
中国のような某動でも起きてるならいざ知らず。

投稿: ky | 2013年2月10日 (日) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56727236

この記事へのトラックバック一覧です: 「シビリアンコントロール(文民統制)」の誤解:

« 「日本が危機をあおり、中国の顔に泥を塗った」「このようなやり方は関係改善の努力に背くものだ」(華春塋報道官) | トップページ | 鳩山・菅でなく、安倍さんが総理大臣で良かった! »