« 性格の不一致?(橋下徹×渡辺喜美) | トップページ | 安倍自民党は、(参院選前に)保守連立政権の枠組みを示せ! »

2013年2月 4日 (月)

「プロ選手に体罰は必要ない」(野村克也氏)

Photo

数年前、故郷・北海道の母校、赤平市立赤間小学校(写真上)を訪問した事があった。午後3時、終了のベルが鳴ると、児童が競うように校門を目指して元気に走りだしてきた。夢のような一瞬の光景であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆隠蔽体質

大津市での中学生いじめ自殺問題は、衝撃的な事件だった。

(当初)大津市教委は、“いじめとの因果関係”を認めようとせず、その上、「家庭にも問題があった?」などとして責任転嫁していた。

教育現場での「隠蔽体質」は、以前から言われているが、この罪は大きい。

教育改革は急務である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆事なかれ主義

その後、大阪桜宮高校バスケ部顧問による体罰(=暴力)と、生徒の自殺が問題になった。

本来であれば、深刻に考えなければならない。

だが、(当初)大阪市教委は、橋下市長がマッタをかけるまでは、体育科入試を、“従来通り”に実施しようとしていた。

大津市の中学生いじめ自殺問題と共通しているのは「事なかれ主義」である。

橋下氏の「入試マッタ」を、私は支持する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆プロ選手に体罰は必要ない

『ひるおび』(TBS)を観ていたら、五輪女子柔道監督の「体罰」が話題になっていた。

元プロ野球監督の野村克也氏と、教育評論家の尾木直樹氏の2人は、含蓄のある話をしていた。

「プロ選手の場合は、(自己責任で)体罰は必要ない」「ダメなら交代はいる」「自ら考えなければダメだ」

その通りである。

“五輪柔道の一流選手”に、「体罰」などとは、論外である。

==================

I3

野村克也氏

|

« 性格の不一致?(橋下徹×渡辺喜美) | トップページ | 安倍自民党は、(参院選前に)保守連立政権の枠組みを示せ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56696734

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロ選手に体罰は必要ない」(野村克也氏):

« 性格の不一致?(橋下徹×渡辺喜美) | トップページ | 安倍自民党は、(参院選前に)保守連立政権の枠組みを示せ! »