« ≪人名訂正≫周来友→宋文洲 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陌上桑・無名氏<五言古詩> »

2013年2月19日 (火)

千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石≪続≫

3_014

写真は孫(隼弥君・4歳)の描いた作品(「モノレールとママ」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆熊谷氏、再選出馬を表明

昨夜、NHKで次のニュースが報道されていた。

千葉市の熊谷俊人市長が市長選(5月26日投開票)に再選を目指して立候補表明した。

新聞の朝刊にも、「千葉市長選」の記事が載っている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆1期目の「成果」?

熊谷氏は、次のように、(記者会見で)1期目の「成果」を強調した。

①情報公開の面で先進的な市にした

②市債残高を減少に転じさせた

③子育て支援に予算を集中的に投入して待機児童を大幅に減らした

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「努力した」だけなら誰でも言える

まぁ・・・何と言うか、熊谷市政「4年間」の「成果」は全くゼロではないが、これらの「成果」は「自慢する」ほどではない。

敢えて「成果」を探せば、(民主党政権下の“事業仕分け”と同じように・・・)政令指定都市の“最年少市長”として千葉市が「世間の注目」を集めたことである。

「努力した」だけなら、誰でも言える。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「隠れ民主党」の発想

熊谷氏は、2期目の優先課題として、①引き続き財政の健全化に取り組むこと、②市民参加型の街づくりの実現、③少子高齢化への備え、などを「マニフェスト」に掲げている。

「掲げる」だけなら、誰でも言える。

だが今は、安倍政権(アベノミクス)の・・・“結果が求められる時代”である。

熊谷氏が、自ら「市民党」を標榜している事は、「隠れ民主党」の発想だ。

「マニフェスト云々・・・」なんて如何にも「民主党」らしい“旧態依然”の発想でしかない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆自民市議団、議長擁立へ結束

一方、自民党の市議団が、小川智之議長(39)を推薦する文書に全員で署名した。

市議は、国会議員や県議と違って、市議会議員の選挙で「公明党の応援」を必要としない。

だから、「自民党の小川氏」を、市議団が支援するのは当然である。

だが、自民党市議だけが“結束”しても、(「市民党」熊谷俊人氏に対して)「自民党」小川智之氏の勝算は低い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石

どうすれば、小川智之氏が勝てるか?

小川氏が勝つ為には、自民党だけでなく維新の会など、みんなの党なども含めた中央政界の保守政党が結束する事以外に考えられない。

具体的に言えば、

自民党本部がどのように判断するか?

と言う事と、

「日本維新の会」衆議院議員の田沼隆志さんが、自民党の小川候補を応援するか?どうか?

と言う事である。

千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石である。

=====================

|

« ≪人名訂正≫周来友→宋文洲 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陌上桑・無名氏<五言古詩> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56797047

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市長選は、自民・維新<連立>への試金石≪続≫:

« ≪人名訂正≫周来友→宋文洲 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫陌上桑・無名氏<五言古詩> »