« 鶏が先か、卵が先か (アベノミクスについて) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫燕の詩、劉叟に示す(白居易) »

2013年1月31日 (木)

民主党の再起は絶望だと思う

Jjp_m0013972156_thum500 96958a9c93819481e1e2e2e2e68de1e2e2e

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆民主党の<存在感>

代表質問に立った民主党代表の海江田氏は、述べた。

「民主党は与党に擦り寄るつもりは毛頭ない」

<存在感>を示そうとしたのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「エールを送りたい」(安倍総理)

だが、安倍総理は、述べた。

「困難な状況で代表に就任した海江田氏に同世代の一人としてエールを送りたい」

余裕の答弁である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆基本スタンスが定まらない

民主党の凋落ぶりは、議席激減(野党転落)だけの事ではない。

<党の基本スタンス>が定まらない事に、象徴される。

今頃になって『党綱領』を、作成中・・・だというが、「リベラル」を入れるかどうかで対立しているという。

むべなるかな、寄り合い所帯の民主党らしい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆第四政党

世論調査(政党支持率)では、自由民主党、日本維新の会、みんなの党、についで第4位である。

第四政党である。

野党の中でも、第三政党である。

『党綱領』が完成したとしても、その時には、民主党が存在しているかどうか?疑わしい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆仙谷由人の分析

「民主党の凋落の原因」についてどう考えるか?

落選した仙谷由人氏は、次のように分析する。

「国民全体が保守化・右傾化している」

だから、「民主党の基本スタンスは、(右でも左でもない)リベラル・中道であるべき」と、主張する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「中道」とは何か?

右でも左でもないのが「保守」であって、「中道」と対立する概念ではない。

それに、反日売国奴の仙谷氏が「中道」を標榜するのは笑止千万である。

このブログで、何度も述べているが、「保守」=「中道」である。

「民主党の凋落の原因」の一つが、“思想・イデオロギーの上での混迷”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆旧民社党の役割

話は変わるが、若い頃(30年前)、1期(4年間)だけ千葉市の議員だった事がある。

私は、大政治家の春日一幸先生、塚本三郎先生を尊敬し、『民社党公認』として出馬し、当選した。

旧民社党は、小政党ながらも<保守・中道>の政党であった。

しかし、その後、民社党の・・・「55年体制下」「冷戦構造下」での歴史的役割は、終わった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党の左傾化

旧民社党は、私の“古巣”である。

だが、現在の民主党内の「民社協会」は、昔の民社党とは全く異なる“存在”である。

旧社会党と“一緒”になることで、民主党全体としても左傾化した。

朱に交われば赤くなる、のである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党の再起は絶望だ

民社協会も<保守・中道>を捨てた。

ここに、民主党の凋落の原因がある。

口先で、「リベラル・中道」を標榜しても、国民はダマされないだろう。

このままでは、民主党の再起は絶望だと思う。

========================

|

« 鶏が先か、卵が先か (アベノミクスについて) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫燕の詩、劉叟に示す(白居易) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56666225

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の再起は絶望だと思う:

« 鶏が先か、卵が先か (アベノミクスについて) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫燕の詩、劉叟に示す(白居易) »