« 採詩の官 | トップページ | ダイエットと経済政策 »

2013年1月11日 (金)

「東京の放射線量はロンドンと変わらない」(猪瀬東京都知事)

Pn2013011001001767___ci0003

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020年夏季五輪の東京開催を!

東京招致委員会は昨日(10日)、ロンドン市内で記者会見を開いた。

海外メディアを前に、猪瀬直樹東京都知事及び澤穂希選手(招致大使)は、「東京(TOKYO)開催」をアッピールした。

猪瀬都知事は(珍しく?)笑顔で、澤選手は英語で訴えた。

(いいネエ!)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「東京の放射線量はロンドンと変わらない」

特に、猪瀬都知事の説明は、ユニークで海外メディアに受けたようだ。

「原発事故の影響?」を問われると、次のように答えた。

(現在の)東京の放射線量はロンドンと変わらない。

この“的確な一言”で、原発事故の風評を見事に払拭してくれた。

=====================

是非とも、2020年夏季五輪の東京(TOKYO)開催を実現して欲しい!と願っている。

ところで話はかわるが・・・。

安倍総理大臣は今日も精力的で、橋下徹さんと会談するようだが、最近、石原慎太郎さんの姿が見えない。

元気なのかな?

「自称・暴走老人」と雖も、若い「橋下共同代表」と伴走するのは、少し酷かもネエ・・・。

2020年の東京(TOKYO)五輪開催までは、石原慎太郎さん!(暴走しなくても良いから)元気でいて下さい!

|

« 採詩の官 | トップページ | ダイエットと経済政策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56514943

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京の放射線量はロンドンと変わらない」(猪瀬東京都知事):

« 採詩の官 | トップページ | ダイエットと経済政策 »