« 《太陽》の石原慎太郎、《斜陽》の小沢一郎 | トップページ | 政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »

2012年11月15日 (木)

民主党を壊してくれて、ありがとう!野田さん!

San_sk220121114564view_thum500 001

“政治は面白くて解り易くあるべき”というのは私の持論である。

私は選挙マニフェストなどは、全く信用しない。では、何を信用するか?逆に『劇場型政治』の中で見せる(政治家の)一瞬の“本性”を見抜くべきである。

若いスポーツ選手が言うように、我々有権者は、『劇場型政治』を、冷静に“楽しもう”ではないか!

「選挙」は、我々有権者の(唯一の)楽しみだから・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆政治劇場

ようやく解散へ。

昨日は、久しぶりに面白い『政治劇場』を観た。

野田さんは、民主党の政治家では珍しく(笑)、矜持をもった政治家である。

「16日解散表明」で、嘘つきではない事を自ら証明した。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆憲法違反でも、「信を問え」

野田総理は、自民党・安倍総裁に対して「身を切る改革=議員定数削減」を迫ることで、乾坤一擲の大勝負に出た。

総理大臣だけが持つ“伝家の宝刀”が、一瞬の輝きを見せた。

マスコミは、戸惑い“立ち位置”がハッキリせずに、「解散に反対」の理由として“憲法違反”を挙げている。

その責任は、野田民主党に在るが、この際は、“憲法遵守”よりも、“信を問う”ことの方が重要だと、私は考えている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ありがとう!野田さん

私は、民主党の議員たち、特に、三バカ大将(小沢一郎、鳩山由紀夫、菅直人)には、終始、嫌悪感を持っていた。

だが、野田佳彦には、「民主党をぶっ壊してくれる(カモ)?」という期待感があった。

200人近い自党の議員を「無職」に追いやり、与党政権を「ドブ」に棄てることなど、<民主党内の常識>では考えられない事だった。

だが、昨日の『政治劇場』で、野田さんは、期待に応えてくれたのである。

ありがとう!野田さん

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆賽は投げられた

野田総理は、乾坤一擲の大勝負(16日解散表明)に出た。

それでも民主党内は、「党内を無視した」「離党も覚悟」等々と不満タラタラ・・・。

ここまで民主党が、「選挙に怯えていた」とは、驚きである。

ともあれ、“賽は投げられた”のである。

どんな結果になろうと、国民が選択する番である。

===================

|

« 《太陽》の石原慎太郎、《斜陽》の小沢一郎 | トップページ | 政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56117275

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党を壊してくれて、ありがとう!野田さん!:

« 《太陽》の石原慎太郎、《斜陽》の小沢一郎 | トップページ | 政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »