« ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である | トップページ | 『政治劇場』は面白いネエ・・・ »

2012年11月18日 (日)

景気回復と国土防衛が(選挙の)争点だ!

6_010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆選挙の争点

今度の選挙の争点は何か?

①景気回復

②国土防衛

①も②も、緊急な国家的課題(国難)であり、選挙の「争点」である。

選挙後は、恐らく「景気回復」「国土防衛」は、“安倍内閣”の緊急な政治課題となるだろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「YES」か「NO」ではない

消費税、原発、TPPは、今度の選挙の「争点」にはならない。

これらは、「是か非か?」という二者択一ではなく、「さじ加減」のテクニカルで、簡単に決められない“課題”である。

私の考えでは、消費税、原発、TPPは、「(二者の)違いがハッキリしない」のである。

「違いがハッキリしない」から、選挙の「争点」にならない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「大同小異」の意図?

石原慎太郎氏は、深謀遠慮で・・・「大同小異」を唱えた。

野田総理は、「小異でない、野合だ!」と、日本維新の会(石原代表)を批判したが、当たらない。

石原氏の真の狙い(大同小異)は、「売国勢力の打倒」「愛国・保守勢力の結集」である。

それには、「消費税」「原発」「TPP」で国論を二分しない事が肝要である。

「強かな国創り」を目指す石原氏は、選挙後のある時期には、自由民主党(安倍総裁)と連携して『安倍内閣』に参画するのではないか?、そう願っている。

景気回復と国土防衛が(選挙の)争点である。

================

|

« ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である | トップページ | 『政治劇場』は面白いネエ・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56137355

この記事へのトラックバック一覧です: 景気回復と国土防衛が(選挙の)争点だ!:

« ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である | トップページ | 『政治劇場』は面白いネエ・・・ »