« 民主党を壊してくれて、ありがとう!野田さん! | トップページ | ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »

2012年11月16日 (金)

政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である

Sekkan2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆常在戦場

日本の国会議事堂は、<ピラミッド型>に設計された経緯がある。

ピラミッドとは、古代エジプトの王族の“墓”である。

即ち、日本の国会とは、もともと政治家が死を覚悟して戦うべき『戦場』なのである。

国会、就中(解散がある)衆議院は、『常在戦場』と言われる所以である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆愛憎劇

民主党議員の(野田総理に対する)恨みは極限に達していた。

「理に適わぬ暴挙」と言おうと、何と言おうと、野田総理は「嘘つき」でないと証明するために「解散」を決めた。

何人かは離党し、何人かは未だ逡巡している。

ポッポ鳩山由紀夫でも、恐怖に表情は引きつっていた。

今日も“迷走”は続くだろう。

政治の“愛憎劇”は、面白い。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆武蔵坊弁慶?石原慎太郎

政治は、『情緒』の世界である。

無味乾燥な「マニフェスト作文」、論理的な「経済政策」などは、人を騙す時の“常套句”の一つである。

情緒的に理解すれば、「大同小異」と言った石原慎太郎の主張に共感する。

その石原慎太郎は、日本維新の会党首・橋下徹との会談を前に、次のように言った。

私は「武蔵坊弁慶」となって、橋下徹さんを義経(日本維新の会連合の総大将)”を支える。義経から頼朝になるまで支える。

政治を動かす力は、無味乾燥な「政策」よりも、『情緒』である。

====================

|

« 民主党を壊してくれて、ありがとう!野田さん! | トップページ | ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/56124231

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である:

« 民主党を壊してくれて、ありがとう!野田さん! | トップページ | ≪続≫政治を動かす力は、「政策」ではなく『情緒』である »