« ただ一言、嘘はいけませんよ | トップページ | 安倍・石原の“連携”が日本を救う »

2012年10月25日 (木)

石原慎太郎の決意~留め置かまじ大和魂

5_002

石原慎太郎東京都知事が辞意表明をした。

永田町では、様々な波紋を呼んでいる。

80歳の愛国者・石原氏が、「最後の御奉公」として、身を捨てて日本国の為に尽くそうとする姿に、深い感銘を受けた。

新党には「たちあがれ日本」(平沼赳夫党首)が合流するとのことだが、この際、(自民党・日本維新など)保守勢力とも広汎に“連携”して、政界再編に進んで欲しい。

“国家の一大事”を考えれば、“愛国”で一致すれば良く、細かい政策の違いなど問題ではない。

違いを探すことよりも、「愛国」で一致することが大切である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

身はたとひ  

武蔵の野辺に朽ちぬとも  

留め置かまじ大和魂

 (吉田松陰)

|

« ただ一言、嘘はいけませんよ | トップページ | 安倍・石原の“連携”が日本を救う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55969557

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎の決意~留め置かまじ大和魂:

« ただ一言、嘘はいけませんよ | トップページ | 安倍・石原の“連携”が日本を救う »