« 孫の運動会 | トップページ | (原発)事故の本質は人災 »

2012年10月14日 (日)

復興財源の流用~「官」の背信&「政」の怠慢

Imagestream Amaria 467f0a7be6

◆新報道2001

『新報道2001』(フジテレビ)は、民主党の細野政調会長、自民党の甘利政調会長が出演していた。

細野氏と言えば、(民主党では)最も人気があり、弁舌も巧みな政治家である。

早朝から『時事放談』(TBS)に出演して武村元官房長官と対談していたが、『新報道2001』(フジテレビ)の方が中味があり面白かった。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆細野政調会長vs猪瀬副知事

面白かったのは、東京都副知事の猪瀬氏の鋭い“ツッコミ”である。

猪瀬氏は、「民主党政権の政策決定のプロセスが、明確でない」「民主党政調会長とは、どんな権限があるのか?」という質問をした。

細野氏はそれには明確に答えなかった。

「官僚ガ―」「自民ガ―」と、責任転嫁に終始していた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆審議せず??

議論の中で、東日本大震災の復興予算が被災地以外で支出されている「復興財源の流用」が問題になっていた。

細野氏は「復興財源の流用」について、「官僚ガ―」「しっかり精査する」と他人事のように弁明していた。

だが、審議すべき衆院決算行政監視委員会の小委員会は、民主党(8人)全員が欠席し、政府側にも欠席を指示して、流会(11日)になった。

審議せず??欠席指示??とは、一体どういう事なんだ!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党政権のガバナンス

5年で概算19兆円の「復興費」のうち、1兆円程度を被災地以外でも使うことが出来ることから、「復興予算にシロアリ」現象は当然予想された事である。

「政治主導」を標榜した民主党政権の“ガバナンス”が問われている問題である。

主要閣僚の発言を聞いてみれば、唖然とする。

Tky201112060445Tky201210030717_2Tky201201120718 230pxminister_maehara_seiji 

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆主要閣僚の発言

①平野復興大臣   

復興相の立場で、「しっかり検討」していかなければならない。2013年度以降は被災地に特化した予算が必要。

②城島財務大臣   

13年度予算編成にあたっては、「真に必要なもの」に厳しく限定していく必要がある。

③岡田行政刷新大臣   

「私のところでチェック」して13年度予算に反映させることになっている。復興予算は特に重点的に考えている。

④前原国家戦略大臣   

復興と言って別のものに使われたたのは極めて不誠実だ。政府全体として精査、見直ししていくことが大事だ。

=======================

もはや、「民主党には政権担当能力は無い」という事が、誰の目にも明らかである。 

|

« 孫の運動会 | トップページ | (原発)事故の本質は人災 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55886433

この記事へのトラックバック一覧です: 復興財源の流用~「官」の背信&「政」の怠慢:

« 孫の運動会 | トップページ | (原発)事故の本質は人災 »