« こんなに馬鹿にされながら、なぜ怒らないのでしょうか。もっと怒って下さい。日本人の心として怒って、この国をもっと強い国と、温かい心をもった国にしてください。(横田早紀江さんの言葉) | トップページ | 日中両政府に“挟撃”された石原知事 »

2012年9月 5日 (水)

尖閣「国が購入」・・・これは危ない!

20110207073806681

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆この報道は正しいのか?

9月3日、次のようなニュースが流れた。

●政府は、地権者と交渉を続けた結果、20億5000万円で購入することで大筋合意した。

●9月中の国有化を目指して詰めの調整をしている。

●政府は、石原慎太郎東京都知事の国有化の条件(漁船退避のための船だまり等施設の整備)には応じない方針。

(NHKニュース)

9月3日の「みのもんた朝ズバッ!」(TBS)では、地権者の弟の栗原さんが出演して、「尖閣を(都を経由しないで)国に直接売ることは(道義上)難しい」と言っていたが・・・。

だが、どうやら政府が、NHKにリークした情報は本当のようだ。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“尖閣国有化”の真相

本来であれば、日本固有の領土である尖閣諸島を国有化し、実効支配を強めるのが本筋である。

石原都知事も、「(何もしない)国に代わって東京が尖閣を守る」「東京が購入する」、「購入後、国に譲渡する」と言った。

国民もそれを支持して、東京都に「14億円」の募金が集まった。

これに慌てたのが、中国共産党政権とその影響下にある日本政府・外務省の双方である。

東京都が購入してしまえば、確実に尖閣の実効支配が強まる。

慌てた中国側は、日本政府に圧力を強め、“東京都の尖閣購入(=実効支配)”を阻止した。

それが、野田政権による“尖閣国有化”の真相である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆尖閣「国が購入」・・・これは危ない!

民主党政権は、「平穏(?)」などを理由に、(事実上)尖閣を購入した後は、“放置”すると宣言しているようなものである。

中国側は、何の例証もなく「尖閣は、中国の固有の領土」と、例によって居丈高に「反発」している。

だが、「日本政府が購入する」ことで、(中国側にとっては安心)次のステップに進むことができる。

今言える事は、尖閣「国が購入」すること程、我々日本国民にとって“危ない”ことはない!

石原慎太郎都知事をペテンにかけ、中国共産党政権の意のままに“(領土問題の)棚上げ”を図るならば、私は初めて野田佳彦総理に対して次のように言う!

「野田総理、あなたは売国奴だ!」

今後、中国共産党政権は日本の政局に、陰に陽に“介入”してくるだろう。

だが、民主党政権を1日でも早く倒さなければ、沖縄・尖閣が危ない!日本国が危ない!

|

« こんなに馬鹿にされながら、なぜ怒らないのでしょうか。もっと怒って下さい。日本人の心として怒って、この国をもっと強い国と、温かい心をもった国にしてください。(横田早紀江さんの言葉) | トップページ | 日中両政府に“挟撃”された石原知事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55585408

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣「国が購入」・・・これは危ない!:

« こんなに馬鹿にされながら、なぜ怒らないのでしょうか。もっと怒って下さい。日本人の心として怒って、この国をもっと強い国と、温かい心をもった国にしてください。(横田早紀江さんの言葉) | トップページ | 日中両政府に“挟撃”された石原知事 »