« 国賊三人組~鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也 | トップページ | TVメディアの嘘を見抜け! »

2012年9月19日 (水)

≪漢詩鑑賞≫山中問答(李白)

200pxlibai_touxiang

<山中問答>は、李白53歳の作である。

悠然とした人生観をうたっていて、李白の作品の中でも好きな漢詩の一つだ。

<山中にて幽人と対酌す>は、李白56歳の作と言われている。

山の中で、幽人と対酌して、いい気分になって眠くなり幽人に帰れ、というのはいかにも李白らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山中問答  <七言古詩>

問余何意棲碧山  余に問う何の意ありて碧山に棲むと

笑而不答心自閑  笑って答えず心自ずか閑なり

桃花流水窅然去  桃花流水窅然(ようぜん)として去る

別有天地非人閒  別に天地の人間に非ざる有り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人が私に、どんな考えがあって、緑の山の中(碧山)に閉じこもるのかと尋ねても

笑って答えず、私の心は落ち着いていてのどか(閑)である

桃の花びらが水に散って、はるかに(窅然)流れ去っていくが

ここには俗世間と違う別の世界がある

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

山中にて幽人と対酌す  <七言絶句>

兩人對酌山花開  両人対酌して山花開く

一杯一杯復一杯  一杯一杯復た一杯

我醉欲眠卿且去  我醉うて眠らんと欲す卿(きみ)(しばら)く去れ

明朝有意抱琴來  明朝意有らば琴を抱いて来たれ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二人は向かい合って酒を酌み交わす、その周りには山の花が咲いている

一杯、一杯、また一杯と杯をかさねるうちに

おれは酔って眠くなったぞ、君はあっちへ行けよ

明朝気が向いたなら、琴を持って来ておくれ

===================

|

« 国賊三人組~鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也 | トップページ | TVメディアの嘘を見抜け! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55694296

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫山中問答(李白):

« 国賊三人組~鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也 | トップページ | TVメディアの嘘を見抜け! »