« 中国の言いがかり~歴史(方広寺鐘銘事件)に学ぶこと | トップページ | ≪続≫中国と決別する覚悟を »

2012年9月14日 (金)

中国と決別する覚悟を

4z20120316gz0jpg00065800100

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国公船が尖閣沖の日本領海を侵犯している。

海上保安庁の巡視船は、「領海外への退去」を呼びかけているが、中国公船は、「定期パトロール」として公然と領海侵犯を続けている。

中国側は、即座に、この「定期パトロール」行動を、”海洋権益を守る為”と宣言している。

これに対して、野田民主党政権は、「経済的な互恵関係」を理由に、耐えて忍んでいるだけで、“対抗策”を何一つ示さない。

中国側の圧力は益々エスカレートし、「(日中の)経済的な互恵関係」も破壊する事も予測できる。

具体的に次のような事が予測される。

①レアアースの出荷を日本向けだけをストップする。(→自動車や機械、電子機器の生産に支障が生じる)

②再び、在中日本人を拉致し、「釈放」の条件を迫ってくる。

③中国国内での日本企業の活動を制限する。(不当な重税、撤収など)

④日本への旅行を全面禁止する。(観光業界が大打撃)

⑤中国共産党が主導して、日本製品の不買運動を拡げる。

こういった事は、十分予測される。

では、日本は今後どうすれば良いか?

①~⑤の“対抗措置”は、「中国にとっても不利益なハズ」というのは甘い考えである。

独裁政権の性(さが)として、彼らは国益よりも独裁政権の維持を優先するのである。

我々日本人の価値観(民主主義・法治主義・自由主義・人権)は、何一つ通用しない国なのである。

では、日本は今後どうすれば良いか?

中国と決別する覚悟を持つことである。

覚悟とは、二つある。

①経済的損失の覚悟。

②尖閣防衛の覚悟。

覚悟には、リスクが伴うことは言うまでもない。

日本は、野蛮な大陸国家(中国・韓国)と決別する覚悟を持たなければならない。

価値観が通用しない国とは、キッパリ決別すべきである。

|

« 中国の言いがかり~歴史(方広寺鐘銘事件)に学ぶこと | トップページ | ≪続≫中国と決別する覚悟を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55654001

この記事へのトラックバック一覧です: 中国と決別する覚悟を:

« 中国の言いがかり~歴史(方広寺鐘銘事件)に学ぶこと | トップページ | ≪続≫中国と決別する覚悟を »