« 反原発派の人海戦術 | トップページ | 反原発デモ~祭りの高揚感 »

2012年8月 3日 (金)

民主党vs自民党・公明党vsその他野党

57_011

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、散歩中に知り合いの後期高齢者・A氏と会って、立ち話をした。A氏は、「小沢もダメ」「鳩山はもっとダメ」、そして「民主党には失望した」「早く、民主党は政権返上すべきだ」と言っていた。

だが、私は、民主党に“失望”はしていない。何故なら、そもそも“期待”していなかった・・・。逆に、民主党政権がいよいよ最終章を迎えることが嬉しい。野田総理は、政権党として“正気”を取り戻したが、民主党の「政権返上」は時間の問題である。

======================

◆民主党・野田政権、最終章へ

いよいよ野田民主党政権も、最終章を迎えている。

第一幕は、民主・自民・公明の三党合意。

第二章は、小沢一郎の追放劇。

第三幕は、居残り組(鳩山由紀夫)との党内闘争。

そしていよいよ、最終章を迎えている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆野党が内閣不信任案提出へ

共産、社民、みんなの野党三党は、昨日(8月2日)消費増税法案の参院採決前に衆院で“内閣不信任決議案”を提出する事を確認した。

小沢新党も、共同提案に応じるようである。

共産、社民、みんな、生活第一、きずな等は「増税反対」で一致しているから当然だが、ポッポ鳩山ら居残り組がどう動くか、また自公両党がどう動くか?

いよいよ政局は、最終章を迎える。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆せめて最期は、正々堂々と

野田総理は、「党内融和」(輿石幹事長)の声に惑わされることなく、自公が求めるお盆前の採決に応じるべきだ。

野田総理は、欲張らず、(消費増税を)採決後は、直ちに解散して国民の信を問うべきである。

その際、造反⇒居残り組を公認しないくらいの強い姿勢を示すべきである。

せめて最期は、消費税・社会保障、原発エネルギー、国防・沖縄基地、TPP等について、野田総理の思いを、国民に直接語りかけるべきである。

せめて最期は、正々堂々と・・・。

======================

|

« 反原発派の人海戦術 | トップページ | 反原発デモ~祭りの高揚感 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55340909

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党vs自民党・公明党vsその他野党:

« 反原発派の人海戦術 | トップページ | 反原発デモ~祭りの高揚感 »