« 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である | トップページ | 9月以降の政局 »

2012年8月28日 (火)

選挙制度改革で見え透いたウソをつく民主党

429

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また民主党のアリバイ作りが始まった。

全野党が欠席したまま、自ら提出した衆院選挙制度改革法案を単独で採決した。

与野党対立は、激化している。

城島国対委員長は、「(自公は)三党合意「近いうち解散」を壊すのか」と怒っているポーズをとった。

マスコミは、「どっちもどっち」「党利党略」と、自民党も民主党も批判している。

しかし、民主党の選挙制度改革の単独採決は「どっちもどっち」「党利党略」と云う問題ではない。

一方的な、「我々は努力しているのに、野党が協力しない」という時間稼ぎのための民主党(輿石幹事長ら)のアリバイづくりである。

民主党の魂胆は、選挙制度改革を“口実”とした「解散阻止」である。

解散総選挙が「絶対に」嫌なだけである。

野田総理にしても、このまま(違憲状態)では解散できないことを理解しているはずだし、民主党案が参院で廃案になることも理解しているはずである。

比例40減で、比例代表運用制の導入を、野党が簡単に乗れる話じゃないことも理解しているはずである。

しかし、「0増5減」の自民党案に乗れば、解散総選挙の“環境”が整ってしまう。

解散総選挙を先送りする為に、「野党が協力できない」案を採決して、ゴタゴタに持ち込む。

このまま選挙では、民主党は惨敗するから、せめてゴタゴタに巻き込んで「どっちもどっち」というマスコミだけが頼りである。

国民は既に、そのような民主党の党利党略を見透かしていると思うし、マスコミのキャンペーン(「どっちもどっち」)通りにはいかないと思う。

|

« 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である | トップページ | 9月以降の政局 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55525097

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度改革で見え透いたウソをつく民主党:

« 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である | トップページ | 9月以降の政局 »