« がんばれ野田総理!しかし、早く解散して下さい! | トップページ | 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である »

2012年8月26日 (日)

≪漢詩鑑賞≫野望(王績)五言律詩

57_014

写真は千葉公園周辺

====================

野望(やぼう)  王績(おうせき)(※)

東皐薄暮望  東皐(とうこう)薄暮(はくぼ)に望(のぞ)

徙倚欲何依  徙倚(しい)して何くにか依(よ)らんと欲する

樹樹皆秋色  樹樹(じゅじゅ)皆秋色(しゅうしょく)

山山惟落暉  山山(さんさん)惟だ落暉(らっき)

牧人驅犢返  牧人(ぼくじん)(とく)を駆(か)って返(かえ)

獵馬帶禽歸  猟馬(りょうば)(きん)を帯(お)びて帰(かえ)

相顧無相識  相顧(かえり)みるに相識(そうしき)

長歌懐采薇  長歌(ちょうか)して采薇(さいび)を懐(おも)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

東方の丘(東皐)に立ち、夕暮れ(薄暮)の野を眺める

あたりをさまよって(徙倚)も、どこに身を寄せるところがあろう

木々は、すべて秋の色となり

山々は、落日に赤々(落暉)と染められている

牧夫が、子牛(犢)を駆り立ててもどって来た

狩人も、獲物(禽)を馬にくくりつけ帰ってくる

家路を急ぐ人々をながめまわし(相顧)ても、見知らぬ人ばかり

声を長くひいて歌い、「采薇」(※)をしのぶ

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

※「王績」(おうせき)  初唐の詩人。酒好きで奔放な彼は、役所勤めが窮屈でならなかった。この詩は、世人と生き方を異にした王績自身の寂しさをうたっている。

※「采薇」(さいび)  周の粟を食まず、首陽山で薇を食べ、ついには餓死した伯夷・叔斉の兄弟を指す。 

|

« がんばれ野田総理!しかし、早く解散して下さい! | トップページ | 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55510667

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫野望(王績)五言律詩:

« がんばれ野田総理!しかし、早く解散して下さい! | トップページ | 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である »