« ≪漢詩鑑賞≫野望(王績)五言律詩 | トップページ | 選挙制度改革で見え透いたウソをつく民主党 »

2012年8月27日 (月)

「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である

2012082200000035jijp0000view

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発再稼働反対「市民」デモの代表者が、野田総理と面会した後、「我々の声は通じなった」「総理は不誠実だ」「怒りが増した」等々と、不平・不満を言っている。

総理に会って、「市民の声」を直接実現させようとしたのは、大きな汚点である。

つまり、これは直接民主主義の手法であって、日本の現行の政治制度=議会制(間接)民主主義の否定である。

「市民の声」を“実現”させたかったら、政治に不平・不満を言うのではなく、彼らが選挙に出ればいいだけの事

=====================

◆街頭署名活動

昨日(26日)の午後、千葉駅周辺をブラブラしていた。

信号待ちの時、中高年の女性が突然寄ってきて、「署名をしてください!」とボールペンを私の胸元につき出した。

見ると「原発再稼働に反対を!」という内容である。

周辺には、反原発の「活動家」らしい数名がいた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆丁重に断った

暑いのに大変なことである。だから・・・

私は、丁重に、“原発再稼働反対の署名”を断った。

原発に対する私の考えとは違うからである。

私の考えとは、“原発とは平和共存(共生)すべきである”というものである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆即座に断った

そうすると今度は、別の女性が寄ってきて、「戦争放棄の憲法9条を守る為」の署名を求めてきた。

どうやら「九条の会」の活動家らしい。

「反原発」と「護憲」を一緒にやっているようだ。

私は、即座に、“憲法9条を守る為の署名”を断った。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆特に9条2項は改正すべきである

その女性は、「あなたは“戦争放棄”に反対なのか?」「戦争になってもよいのか?」と食い下がってきた。

「憲法を改正すれば、日本は再び戦争をする!」という夢想話である。

洗脳された人に、何を言っても通じないので、私はその場を立ち去った。

憲法は、特に、9条2項(=前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これをみとめない)の箇所が、国防の法的“障害”になっている。

だから、改正すべきである。

===================

|

« ≪漢詩鑑賞≫野望(王績)五言律詩 | トップページ | 選挙制度改革で見え透いたウソをつく民主党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55518983

この記事へのトラックバック一覧です: 「反原発」運動は、議会制民主主義の否定である:

« ≪漢詩鑑賞≫野望(王績)五言律詩 | トップページ | 選挙制度改革で見え透いたウソをつく民主党 »