« 愛国・保守勢力の結集を!(その2) | トップページ | 愛国・保守勢力の結集を!(まとめ) »

2012年7月 9日 (月)

愛国・保守勢力の結集を!(その3)

Img_1505325_62003113_0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆サイレント・マジョリティ

鹿児島県の知事選挙は、現職の伊藤氏が「反原発団体代表」候補を破って三選を果たした。

伊藤氏は、「“安全”条件付き」だが原発再稼働容認を表明していた。

この土日のJNN世論調査では、「大飯原発再稼働」について、「支持する」(43%)「支持しない」(49%)という結果だった。

総理官邸周辺の「反原発デモ」だけを見れば、“木を見て、森を見ず”となりがちだが、サイレント・マジョリティは、「安全な原発再稼働」を求めている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「望ましい政権の枠組み」

JNN世論調査では、次の衆院選挙後の「望ましい政権の枠組み」については、次のような結果だった。

①政界再編による新しい枠組み 54%

②民主党と自民党の大連立政権 23%

③自民党中心 12%

④民主党中心 7%

“政界再編を求める声が多い”ことだけは確かだ。

(因みに、「大阪維新の会」の国政進出については、①期待するが43%、②期待しないが35%、だった)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆国防と外交

大切なことは、“政界再編”の中味である。

それは、基本的に「国防」と「外交」で、一致すべきである。

「経済」「財政」政策などは、敢えて“ニの次”である。

「国防」の要諦は、“中国は敵国である”ことをハッキリ認識する事であり、「外交」の要諦は、“米国との同盟”を強化する事である。

======================

|

« 愛国・保守勢力の結集を!(その2) | トップページ | 愛国・保守勢力の結集を!(まとめ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55154589

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国・保守勢力の結集を!(その3):

« 愛国・保守勢力の結集を!(その2) | トップページ | 愛国・保守勢力の結集を!(まとめ) »