« 政局と選挙に勝つ方法~説明力とユーモアのセンス | トップページ | 祝!民主党分裂 »

2012年7月 1日 (日)

今朝の『新報道2001』~猪瀬直樹×平井文夫

1280534 Inose

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆具体的な提言に好感

今朝、フジテレビの『新報道2001』を観てたら、東京都の猪瀬副知事が出演して、東電トップの経営体質を痛烈に批判していた。

「東電病院」を例に挙げ、要らない資産をもっと売却すべきだと言っていた。

フジテレビの平井氏は、「東電だけを悪者扱い?」と、頓珍漢な“東電擁護”発言をしていたが、単なる「東電の悪口」ではない。

猪瀬氏の発言は、具体的で建設的だから、“好感”が持てる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆橋下氏との違い

平井氏が、「民主と自民には選挙で原発どうするかマニフェストに書いて欲しい」と発言した。

だが、猪瀬氏は、「推進とか反原発かで感情的分岐点作るが、廃炉には40年かかる」「2項対立を選挙に持ち込まずどう解決するか工程表を出すべき」と言って、不毛な感情的対立を批判した。

猪瀬氏と言えば、「反・霞が関(中央官僚)派」として、大阪市長・橋下氏と共通項が多いが、この辺が橋下氏との違いである。

猪瀬氏の方が正しい。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆官邸周辺の反原発デモ

原発再稼働に反対する“官邸周辺デモ”が拡大している。

“福島から来た”という主婦は、「不安」を訴え、再稼働を決めた野田総理への「不信」を口にする。

“ホット・スポットの地域から来た”という青年は、「全原発<即時>廃止!」と興奮気味に叫ぶ。

参加者の「不安」にも色々あるが、放射線量や放射能に対する“情報不足”から来るものが多い。

“情報不足”が“風評”を呼び、“風評”が「不安」を増幅させていて、“官邸周辺デモ”を拡大させているのである。

=====================

|

« 政局と選挙に勝つ方法~説明力とユーモアのセンス | トップページ | 祝!民主党分裂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/55093671

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の『新報道2001』~猪瀬直樹×平井文夫:

« 政局と選挙に勝つ方法~説明力とユーモアのセンス | トップページ | 祝!民主党分裂 »