« 大義名分のウソ(続) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫春夜雨を喜ぶ(杜甫) »

2012年6月 5日 (火)

森本敏防衛大臣に“期待”する

News5046522_6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆森本防衛大臣を“歓迎”する

野田総理は、防衛大臣に森本敏氏を起用した。

「森本防衛大臣」には、与野党に(あるいは防衛省内からも)異論が出ているようだ。

率直に言って、私は、森本防衛大臣に対する“期待感”の方が、“異論”よりも強い。

森本防衛大臣を“歓迎”する。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆総理大臣が自衛隊の最高指揮官

民間人(政治家ではない)の防衛大臣起用と言うことで、異論が出ている。

野田総理は、「自衛隊の最高指揮官は首相だ。指揮監督権はきちっとしているし、その点は全く心配ない」と、躊躇する森本氏を説得した。

「全ての責任は、任命権者の総理(野田)が負う・・・」事を確認した森本氏は、「国会議員ではないハンデイを背負いながら防衛の仕事に専念したい」と快諾した。

もし任命権者が、「自分(総理)が最高指揮官だとは知らなかった」菅直人だったら、森本氏は即座に断っただろう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「文民統制上、問題」という異論

民間人起用は、防衛庁発足(1954)以降例がない。

野党は、「政治家でない以上、責任を取れない」(自民党・石破茂氏)、「強い違和感を覚える」(公明党代表・山口那津男氏)などと批判している。

<この批判には違和感を覚える>

民主党の一川保夫参院幹事長も「シビリアンコントロールからすると、あれでいいのかな」と疑問を呈した。

<思わず失笑してしまった>

防衛省内の背広組の幹部は「人が死ぬかもしれない重い命令の責任を民間人が本当に持てるのか」と疑問を呈した。

<政治家なら責任を持てるという保証はどこにもない>

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆森本vs石破の「国会論戦」を観たい

北朝鮮問題、中国の軍事拡大、沖縄普天間基地問題等々、防衛・安保の環境は緊迫している。

だからこそ、政治家ではない森本氏には期待したい。

この機会に、一川保夫・田中直紀「ど素人政治家」に対する、「初級テスト」のような「国会論戦」は、もうお仕舞いにして、本格的な“防衛・安保”の論戦を希望する。

“防衛通”の石破氏と、森本防衛大臣の「国会論戦」を、ぜひ観たい。

======================

|

« 大義名分のウソ(続) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫春夜雨を喜ぶ(杜甫) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自分も森本防衛相には期待しております。
やはり防衛大臣はプロでないといけませんね!

投稿: 尚泰(ショウタイ) | 2012年6月 5日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/54880959

この記事へのトラックバック一覧です: 森本敏防衛大臣に“期待”する:

« 大義名分のウソ(続) | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫春夜雨を喜ぶ(杜甫) »